読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三つの名を持つ犬 〈新装版〉 (徳間文庫)

三つの名を持つ犬 〈新装版〉 (徳間文庫)

三つの名を持つ犬 〈新装版〉 (徳間文庫)

作家
近藤史恵
出版社
徳間書店
発売日
2020-11-06
ISBN
9784198946043
amazonで購入する Kindle版を購入する

三つの名を持つ犬 〈新装版〉 (徳間文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

むっちゃん✿*:・゚

タイトルと装丁が気になって。近藤さんだし7犬だしって事でシャルロット系の話だと思っていたが全然ハズレ。これあまり好きではない。登場人物全員好きになれない。犬を何だと思っているのか。出てくる人みんな本当に犬好きなんでしょうか??とイライラ。でも近藤さんだからスラスラ読めちゃう。目を覆いたくなるような虐待等が多く出てくるわけではないが、これじゃぁ犬があまりに可哀相。今後のササミが少しでも幸せであるように願うのみ。出来ればシャルロットの続編書いてほしい。

2020/12/02

マッピー

頭は悪いけど顔をきれいだったからレースクイーンやモデルになって、でもいつか落ち目になってきた時に愛犬との生活をブログに綴っていたら、いつの間にか人気ブロガーになっていた。ところが自分の不注意でその愛犬を死なせてしまった。そんな時、死んだ愛犬そっくりの犬を見つけ…。そしてもう一人の主人公、振り込め詐欺の出し子をしている江口正道。悪い人間じゃないけれど、自分に甘い。そんなふたりが出会うことによって…いや、多分出会わなくても、ふたりはちゃんと軌道修正したんじゃないかな。読後感はとても良かった。

2021/04/30

のぶりん

愛犬家としては信じられない話だとプンプンしてましたが、やはり無垢な犬の瞳に見つめられ信頼と愛情を寄せられると自己中女も犯罪者も人間性を取り戻せるのかな。ナナ、ササミ、エルの名で呼ばれた犬のナナだが、ホームレスの利夫さんと暮らしてる時が一番幸せだったんじゃないかな。「ビストロ・パ・マル」シリーズしか読んだことがなかったけど、やはり、謎解きや展開が面白かった。

2020/11/27

ひいろ

★★

2021/03/31

との@恥をかいて気分すっきり。

犬にも登場人物にもなかなか感情移入が出来ない距離を感じる。もっと犬や関わる人達の魅力が伝わるストーリーが作れたのではと思う。素人のつまらない例えではあるが、東日本大震災から10年、津波に巻き込まれて別れてしまった犬と家族の物語とか。ま、素人の考える事ってこんなもんですわ‪w

2021/01/27

感想・レビューをもっと見る