読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

解剖学個人授業 (河出文庫)

解剖学個人授業 (河出文庫)

解剖学個人授業 (河出文庫)

作家
養老孟司
南伸坊
出版社
河出書房新社
発売日
2014-09-08
ISBN
9784309413143
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

病気の9割は自然治癒力で治る!?目玉にも筋肉があるってホント?脳はどうやって考えてるの?耳の機能はむちゃくちゃ不思議!そもそも、人間はなぜ解剖をするの?…解剖の歴史、日本人と身体、死の決定、ヒトのからだの神秘的なメカニズムから世界の見かたまで、オモシロわかりやすく学べる名講義録!

解剖学個人授業 (河出文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

史季@「安達としまむら」アニメ化だぞ

人はなぜ解剖をするのか。通りの良い説明では、治療のためという。体の中がわからないと、病気を治せないからだと。しかし養老先生は「コトバにはものを切る性質がある。人間はコトバを使うようになると、ありとあらゆるものに名前をつけていった。そして、体の中のモノに名前をつけるために、解剖が始まった」と説明する。この「役に立つという観点だけでは、物事は説明できない」という視点は、解剖の視点と重なる。「生き物の機能は単純な因果関係では説明できない」という視点だ。本書には、体がどれほど不思議な作りなのかが溢れている。

2019/02/24

おけいさん

もっとお気楽に読める本かと思ったら、かなり難しかったです。言葉には物を切る性質がある…という話辺りは納得して読んでいたのですけどねぇ。(^_^;)

2016/12/04

モットキーン

解剖学を具体的に知らなかったが、その考えの深さに驚いた。人間の中身を探るだけが解剖じゃなく、人と虫の組織の違いを考えるのも立派な比較解剖学というのだ。すると疑問が無数に出てきて、果ては世界にたいしての疑問までに行きつく。深い内容である。世界は事物と意識と表現に分けられ、事物に人は踊らされている。事物を見えずして、それに言葉で切っているって、不思議な世界に住んでいるんだなと思う。でも、言葉があることで安心できる。全てを理解できていなくても、言葉があることでとりあえず分からない恐怖から逃げられているんだなあ。

2015/04/06

感想・レビューをもっと見る