読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

彩は匂へど: 其角と一蝶 (光文社時代小説文庫)

彩は匂へど: 其角と一蝶 (光文社時代小説文庫)

彩は匂へど: 其角と一蝶 (光文社時代小説文庫)

作家
田牧大和
出版社
光文社
発売日
2019-02-08
ISBN
9784334778088
amazonで購入する

彩は匂へど: 其角と一蝶 (光文社時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

自作自演の謎解きに大袈裟に振り回される一門…?いや物語の見所は其角と一蝶の出会いと、そこから始まる軽妙なやり取りを楽しむことにある。ただし痛ましい出来事の解題を脇に馴れ合う姿はいただけないが、作者の懐くであろう主人公二人への思いが伝わってくるようだ。

2019/03/08

火烏

これ誰?って其角見て思った。いぢられすぎだろ。芭蕉のイメージがなんか違う感じ。これはこれでいいけど、あんまりストイックに感じないなあ

2019/02/13

感想・レビューをもっと見る