読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

情報生産者になる (ちくま新書)

情報生産者になる (ちくま新書)

情報生産者になる (ちくま新書)

作家
上野千鶴子
出版社
筑摩書房
発売日
2018-09-06
ISBN
9784480071675
amazonで購入する Kindle版を購入する

「情報生産者になる (ちくま新書)」のおすすめレビュー

インフルエンサーになるなら、テーマはどうやって磨く? 情報生産者の大切なポイント

『情報生産者になる』(上野千鶴子/筑摩書房)

 デジタル社会の現在ではさまざまな情報が至るところに溢れている。デジタル化以前からあったテレビや書籍、さらにスマートフォンなどといったさまざまなものを介し、私たちは日々、多くの情 報を吸収し続けている。

 そんな時代だからこそ、情報を受け取るだけではなく、自ら発信する「情報生産者」になることで人生はよりおもしろくなると提唱している『情報生産者になる』(上野千鶴子/筑摩書房)には、情報化社会を楽しく生き抜いていく術が詰まっている。

「自分が情報生産者になる」というフレーズを聞くと、少し身構えてしまう方もいるだろう。しかし、自分が伝えた情報が誰かの耳に届き、心の中に残るという体験は何にも代えがたい充実感を生み出してくれる。実際、ライターとして日々、読者に情報を発信している筆者も情報生産者の魔力に取りつかれているひとりである。

 そこで本稿では、上野氏が教えてくれる「情報生産者になるために大切なポイント」をいくつかご紹介していきたい。

■情報生産者は同テーマの情報をくまなくチェックすべし!

 情報を発信しようとすると…

2018/11/14

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

情報生産者になる (ちくま新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どんぐり

東京大学入学式での祝辞やフィンランドから平等な社会づくりの貢献者として表彰を受けるなど、いまも意気軒高な上野千鶴子氏の「情報生産者になる」ためのノウハウを示した本。中身は「学問のすすめ方」「研究のすすめ方」で、修士論文や学位論文の書き方をまとめたもの。

2019/06/17

壱萬弐仟縁冊

社会学のみならず、多くの学問研究に携わる人なら避けて通れない論文の書き方、研究の基本を教えられる一冊。子どもの総合学習であったとしても、ただ情報を得て切り貼りすることではだめだ、と。生涯学習の時代、誰もが研究者として論文を発表できる可能性もある。長く、厳しい研究論文完成までのプロセスではあるが、上野先生が東大新入生に向けて、弱気を助け、必ずしも思い通りにいかない大学生活のことを臆せずおっしゃった理由も本書に書かれている気もした。私も学位を取れるとは限らないが、問い続けられることができればその可能性もある

2019/05/02

アナクマ

著者がオンザジョブで身につけた「情報生産の技術(社会科学系の論文の作り方)」を伝授。精神論ではないとするが、教育者として、グッドラックと読者の背中を押してくれる。◉(p.282)自分が立てた問いは、いつでも研究の原点です。誰に宛ててどんなメッセージを届けたいのか?(p.15)ノイズの発生装置を活性化するのはかんたんです。自明性の領域と、疎遠な領域を縮小する。情報の発生する境界領域、グレーゾーンを拡大することです。◉引いたアンダーラインの数でいえば今年の私的新書大賞。

2018/11/10

Tui

この内容が新書で出ることは革命だと思う。論文を書くエッセンスから学会発表の切り抜け方まで、東大上野ゼミが手間と年月とゼミ生の涙をふんだんに消費して確立したテクニックが、惜しみなく披歴されている。アカデミックな世界にいる人向けでしょ、と手に取らないのはもったいない。論文を書く→プレゼン資料を書く、学会発表→ミーティングや会議、に置き換え可能なのが、この本の汎用性の高さ。ここまで分かりやすく(=しろうと向け©︎うえの)上質なコンテンツが書かれた新書も珍しい。この太っ腹さ、上野氏の代表作のひとつになるだろう。

2018/11/23

Kazuhiro Okamoto

問いを立てることの重要性。答えの出る問いで、テーマは絞る。「自分」の問いであること。研究は「極道」である。テマもヒマもかかるエネルギーとかかる面倒なプロセスを持続できる意志が持てるためには解きたい問いでなければならず、「納得」という報酬も得られない。腑に落ちるカタルシスほど、研究者にとって価値のある報酬はないという。自分だけの問いを自分で解くという「極道」をやっていることが贅沢なことだと。そして、情報を消費するだけの側よりも情報を生産することの方がずっとおもしろいと。そのためのノウハウが書かれている。

2019/05/11

感想・レビューをもっと見る