KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

往復書簡 限界から始まる (幻冬舎文庫 う 17-2)

往復書簡 限界から始まる (幻冬舎文庫 う 17-2)

往復書簡 限界から始まる (幻冬舎文庫 う 17-2)

作家
上野千鶴子
鈴木涼美
出版社
幻冬舎
発売日
2024-04-11
ISBN
9784344433724
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

往復書簡 限界から始まる (幻冬舎文庫 う 17-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

OHNO Hiroshi

コロナ禍の時の往復書簡。鈴木涼美の父が鈴木晶。エーリッヒ・フロム、あいすること、の翻訳してる。鈴木の母親との関係。上野は、あなたにとって親とは? と問われ、はた迷惑、と答えている。上野の書いている方がなんかしっくりきた。コロナ禍の時このまま続いて死んでいくかも、とかあった。会社に通勤せずとも、になったのに、また通勤してるって、なんで?  弔いのある日もっとも欲情す ちづこ 上野千鶴子の作。

2024/04/16

skr-shower

単行本で読み飛ばした部分を拾い読み。

2024/04/22

nori

面白くて一気読み。鈴木さんはすごいタレントだなと思うと同時に、学歴が高くない両親のもとに育った自分はある意味ラッキーだったとも感じた。太宰治ってラジオ体操すれば死ななかったかもという人がいたように、あえてKYな言い方をすれば、身体の他の使い方、例えば、自然に触れる、土いじり、運動をしてみるなどで、鈴木さんのモヤモヤ感が晴れるといいなと思った。子供と仕事を持つ母親の身としては、解説の伊藤さんの視座が一番しっくりきた。

2024/05/18

感想・レビューをもっと見る