読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちくま文学の森 7巻(全10巻) 悪いやつの物語

ちくま文学の森 7巻(全10巻) 悪いやつの物語

ちくま文学の森 7巻(全10巻) 悪いやつの物語

作家
安野光雅
森毅
井上ひさし
池内紀
出版社
筑摩書房
発売日
2011-02-08
ISBN
9784480427373
amazonで購入する

ちくま文学の森 7巻(全10巻) 悪いやつの物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まかあい

ラストの5作品が、さすがです。一気にに読んでしまった。

2016/07/26

tokko

坂口安吾の「桜の森の満開の下」が、このようなアンソロジーに収められると印象が変わるのか、興味があって読んだ。これだけ横綱級の作品に囲まれていながら、「桜の森の満開の下」が始まると独特の雰囲気がただよい出す、改めて感じ入った。他にも『伊勢物語』の「芥川」を彷彿とさせる、檀一雄の「光る道」も印象に残った。「美」と「怖」とを併せ持つ紙一重の微妙なニュアンスは、やはり日本人でないと描き出せないのだろうか。

2011/02/27

石綿

古今東西、色々な作家の”悪いやつ”の話を集めた短編集。悪いやつと一口に言っても、根っから改心の余地のない者から小悪党まで様々なタイプがいる。坂口安吾の「桜の森の満開の下」が目当てだったのだけれど(春なので)、満開の桜の美しさに闇や狂気を感じる人は多いのだろうと思った。全体的に後味が悪い話が多く、内容が内容なので「面白かった」と手放しには言い難いけれど、読んでよかった。考え込み始めれば深い本。

2016/04/08

感想・レビューをもっと見る