読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

作家
安藤 達朗
山岸良二
佐藤優
出版社
東洋経済新報社
発売日
2016-03-30
ISBN
9784492061992
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

佐藤優氏が30年間、たえず読み返してきた「座右の書」であり「最高の基本書」であり「伝説の学習参考書」。
あの『大学への日本史』が読みやすくなって、しかも最新情報で新登場!

《佐藤優氏が大絶賛する本書の3つの特色》
【特色1】「通史」が身につく
・1人の著者が全編を通してすべて執筆している(通常の教科書は分担執筆)
・そのため全体の「流れ」が明確で、個々の歴史事象だけでなく「歴史の動き」がわかりやすい

【特色2】「最新情報」に全面改訂
・監修者が全編チェックし、古い学説を全面改訂
・最先端の学説も反映した「最新の内容」に全面リニューアル、「いま使える内容」に

【特色3】「世界史」を意識した記述
・日本史は「世界史」の文脈で見ると理解が深まる
・全編が「世界の中の日本」という視点で貫かれ、日本史ファンにも「新たな発見」が満載

《きちんと説明できますか?》
Q.律令時代に藤原氏だけが権勢を誇れた秘密は?(→p.103参照)
Q.武士だった平清盛は、なぜ貴族社会で大出世できたか?(→p.145参照)
Q.源頼朝が平氏を滅ぼすのに5年もかかった理由は?(→p.151参照)
Q.なぜ豊臣秀吉は朝鮮に出兵しなければいけなかったのか?(→p.285参照)
Q.なぜ京都には東本願寺と西本願寺があるのか?(→p.274、p.341~342参照)

《この1冊で、ビジネスや社交に必要な教養が身につく》
〈「古代・中世・近世」の知識は運転技術,ワープロや表計算の技法のようにすぐに直接,役立つ知識ではない。しかし,だからこそ長持ちするし,複合的な問題を解決する際に役立つ。ビジネスパーソンの目的は歴史の専門家になることではなく,ビジネスや社交において必要十分な教養を身につけることだ。それには,本書1冊の内容を知っていれば十分である。本書を熟読し,「教養」という生きていくうえで一生役に立つ知識を,ぜひ身につけてほしい。〉(佐藤優氏「本書を強く推薦する」より)

「ビジネスや社交の教養には、この1冊だけで十分だ」と佐藤優氏が断言するほどの究極の1冊。
ビジネスパーソンが日本史をいっきに学び直す、最高にして最適の1冊です!

巻頭には、佐藤優氏が本書に寄せた解説を掲載。
巻末の「佐藤優×山岸良二スペシャル対談(本書の読みどころ)」では、なぜビジネスパーソンに日本史の知識が必要不可欠なのか、さらに佐藤氏流の日本史解釈、おすすめ勉強法まで解説!

歴史ファンにも、いちから学び直すビジネスパーソンにも、いまいちばん面白く、役に立つ日本史の本です!

【主な内容】
本書を強く推薦する 佐藤優
本書の構成・本書の利用法
『大学への日本史』はしがき
凡例

原始・古代
第1章 日本文化の起源
第2章 古代国家の形成と発展
第3章 貴族政治の展開

中世
第4章 武家社会の形成
第5章 大名領国の成立

近世(前期)
第6章 大名領国の展開と織豊政権
第7章 幕藩体制の成立

付録(1) 史料演習(古代~近世前期)
付録(2) 日本史の基礎知識

スペシャル対談
『いっきに学び直す日本史入門 古代・中世・近世 教養編』の読みどころ
佐藤優×山岸良二

索引


いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

'Steroid Smasher' 萌路

再読。わかってはいたが、読み出し時はあまりの情報量の多さと教科書チックな堅い表現に、断念しそうになりかける。ががが、我慢して読んでいると、それが快感?になってくる。不思議だ。

2019/01/09

壱萬縁冊

《学習の手引き》4.律令体制が整備されていく過程、およびその解体していく過程を多角的にとらえておこう。班田収授法・管制などがとくに重要(19頁)。法隆寺の 玉虫厨子(ゴシ太)の台座に描かれた 捨身飼虎図(しゃしんしこず、ゴシ太)があるという(63頁)。その名称は知らなかった。最澄と空海は、南都六宗とは異なって、都市でなく 山林に入って修行し(ゴシ太)、学問でなく信仰を求めて入唐したという(107頁)。遥任国司は任国には代理として目代を派遣し、国衙を留守所と称した。留守所の政治は無責任で、地方政治は

2018/03/24

えむ女

すっかり忘れていた日本史を新しい教科書で学び直そうと思ったけど、懐かしい言葉と、初めて知った言葉で頭の中がゴッチャゴチャです。中学以降読んだ本とドラマを思い出して鎌倉時代まではなんとか行き着いたが、そこから室町時代の退屈なこと!現代の観光地である寺社仏閣が庶民の税や苦役で建てられたことや、歴代天皇の多さ、農業、産業の発展について改めて考えた。

2017/09/28

かいゆう

原始古代〜江戸時代まで。想像以上のガッツリさで、読むのが大変でした。テストのために言葉を覚えたけど、内容を分かっていない状態だったので、付録で『魏志倭人伝』や『武家諸法度』などの史料があったのがよかったです。でも、漢字の読み方が分からない(涙)日本も古代から奴隷の売買をしていたと知り、ショックを受けました。治部とか刑部とか、真田丸で知ったのですが、律令国家の頃からあったのですね。いろいろと勉強になりました。

2016/09/21

けんけんだ

参考書だけど、それぞれの時代、人物に自分なりの物語が想像できて面白かった。歴史が現代社会の制度、組織、文化にやはり繋がっている。歴史を再確認するのも重要かもしれません。

2016/09/14

感想・レビューをもっと見る