読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

優しい音楽<新装版> (双葉文庫)

優しい音楽<新装版> (双葉文庫)

優しい音楽<新装版> (双葉文庫)

作家
瀬尾まいこ
出版社
双葉社
発売日
2019-06-12
ISBN
9784575522327
amazonで購入する Kindle版を購入する

優しい音楽<新装版> (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちょろこ

優しさが降り積もる、一冊。三編の物語はひとことで言うとどれも温か、ほんわか。どんな関係、設定でもそれをまるごとまるっと優しさで包んで言葉を紡いでいく、見事な瀬尾ワールドだった。優しい愛に包まれ新しい愛が生まれる瞬間も、心がどんどん優しく変化していく瞬間も良い。あり得ない設定、交流からもたらされるそれぞれの新しい一歩もまた良い。涙がでるほどではない。でも読み進めるうちにしっかり心の中心に優しさが降り積もりじんわり温かさがひろがり、最後はほんわかする…そんな心地良さを味わえる素敵な作品。

2019/07/04

ふう

3話の短編集。タイトルの通り、優しい物語でした。どの話も始まりはちょっと危ない感じですが、着地はとても爽やかです。悪意がないというのはこんなに幸せなことなんだと、また改めて考えさせられました。違う環境で育った人と親しくなれるのは楽しい。違う考え方も受け入れてみれば、自分や自分の暮らしが少し変わるかもしれない。そんなおおらかさがいいですね。不倫相手の妻と子どものために一肌脱いだ深雪さんがかっこよかった!

2019/08/16

ジンジャー(C17H26O4)

あんまりいいお話って実は少し苦手です。わたしひねくれているんです。でも瀬尾まいこさんの優しいお話っていいなって思います。いい人ばかりが出てきてもいいんです。それがいいという気がします。置かれている状況によって変わることはない人の良さ、誠実さ。それを感じられることが読後の安心感や幸福感につながっているのだろうと思います。少し現実離れした設定の3編だけれど、こういうこともあってもいいよね。優しさをチャージしてもらいました。

2019/07/19

Shoji Kuwayama

いい人過ぎる物語を3話収録しています。何れも家族や内縁者との関係がモチーフで、優しい心と心が紡がれていくお話ばかりです。『優しい音楽』ある理由で一目惚れした相手に半ば強引に付き合い始める女の子のお話。『タイムラグ』なんと不倫相手の子を預かり、子守りをすることになった独身女性のお話。『がらくた効果』ホームレスを拾ってきたその日から、優しく穏やかな気持ちで過ごせるお話。何れも楽しく読むことが出来ました。

2019/07/12

たるき

不思議な関係なんだけど、どこかほんわかとしていて癒される。面白い読了感だった。瀬尾さんの本は3冊目だけど、他にも読んでみようかな。

2020/02/07

感想・レビューをもっと見る