読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

瀬尾まいこ

瀬尾まいこ 撮影:迫田真実
職業・肩書き
作家
ふりがな
せお・まいこ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-20

1974年、大阪府生まれ。大谷女子大学国文科卒。2001年に「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、翌年単行本『卵の緒』で作家デビュー。05年に『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞を、08年に『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞を受賞する。他の作品に『図書館の神様』『優しい音楽』『温室デイズ』『僕の明日を照らして』『おしまいのデート』『僕らのごはんは明日で待ってる』など多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2001年
『卵の緒』第7回坊っちゃん文学賞 大賞
2005年
『幸福な食卓』第26回吉川英治文学新人賞
2009年
『戸村飯店 青春100連発』第24回坪田譲治文学賞

「瀬尾まいこ」のおすすめ記事・レビュー

『そして、バトンは渡された』『蜜蜂と遠雷』など、50%ポイント還元キャンペーン対象の小説10選【Amazon Kindle本】

『そして、バトンは渡された』『蜜蜂と遠雷』など、50%ポイント還元キャンペーン対象の小説10選【Amazon Kindle本】

 Amazonでは、2022年5月26日(木)23:59まで、キャンペーン対象の電子書籍を購入すると、50%がポイントで還元される「Kindle本ポイントキャンペーン」が開催中だ。そこで本稿では、編集部が選んだ「小説・文芸」ジャンルの10作品をご紹介していきたい。

※本ページで紹介する情報は、2022年5月18日18時現在のものです。商品情報や価格等の変更の場合もございますので、詳細はAmazonの販売ページにてご確認ください

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)

全文を読む

王者は、『かがみの孤城』をレビューしたはるまちさんに決定! 【読書メーター×ダ・ヴィンチ「第6回 レビュアー大賞」】

王者は、『かがみの孤城』をレビューしたはるまちさんに決定! 【読書メーター×ダ・ヴィンチ「第6回 レビュアー大賞」】

 日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』が連動してベストレビュアーを決定する「レビュアー大賞」。9月20日(月)の課題図書発表から約3カ月間の審査・投票を経て、“ベスト・オブ・ベスト・レビュアー”が12月16日(木)に決定しました。

「レビュアー大賞」は課題図書8作品のレビューを一般公募。予選・本選を経て作品ごとにベストレビュアーを1名ずつ合計8名を選出、さらにベストレビュアー8名の中から“ベスト・オブ・ベスト・レビュアー”1名を選出するという企画。6回目となる今回の結果は以下の通りとなりました。

【ベスト・オブ・ベストレビュアー】 はるまちさん:『かがみの孤城(上・下)』(辻村深月/ポプラ社)

『かがみの孤城(上・下)』(辻村深月/ポプラ社)

【ベストレビュアー】 スイさん:『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋) MOCCOさん:『春夏秋冬代行者 春の舞(上・下)』(暁佳奈/KADOKAWA) inarixさん:『きみはだれかのどうでもいい人』(伊藤朱里/小学館) natsukoさん:『ある男』…

全文を読む

ベストレビュアーを決めるのはあなた! 本好きたちによる熱いレビューが大集合の読書メーター×ダ・ヴィンチ「第6回 レビュアー大賞」第2次審査投票が開始

ベストレビュアーを決めるのはあなた! 本好きたちによる熱いレビューが大集合の読書メーター×ダ・ヴィンチ「第6回 レビュアー大賞」第2次審査投票が開始

 日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』が連動し、ベストレビュアーを決定するコンテスト「第6回 レビュアー大賞」の優秀レビュアー24名が決定し、第2次審査投票が開始されました。

 同企画は、課題図書8作品のレビューを募集し、予選・本選を経て作品ごとにベストレビュアーを1名ずつ決定。さらにその中から“ベスト・オブ・ベストレビュアー”を選出するというもの。

 課題図書のラインナップは、公開中の映画が話題の瀬尾まいこの『そして、バトンは渡された』や、本屋大賞受賞作(2018年)の辻村深月『かがみの孤城』を含む注目の8作品。現在、優秀レビュアーに選出された各作品3名ずつのレビューは、特設ページで見ることができます。

 課題図書を読んだ人も、まだ読んでいないという人も、優秀レビュアーの素晴らしいレビューを読み「これは!」と思うレビューに投票してみましょう。投票期間は2021年11月28日(日)まで!

〈第6回 読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞2021〉 【開催⽇時】 投票期間:2021年11⽉15⽇(⽉)12:0…

全文を読む

優子の欲しいものは何でも与えてくれた。でも、そのたびに「梨花さん」が付き合う男性もかわり…/そして、バトンは渡された⑥

優子の欲しいものは何でも与えてくれた。でも、そのたびに「梨花さん」が付き合う男性もかわり…/そして、バトンは渡された⑥

瀬尾まいこ:原作、田川とまた:漫画の書籍『そして、バトンは渡された』から厳選して全6回連載でお届けします。今回は第6回です。幼いころに母親を亡くしてから、さまざまな親のあいだを「バトン」のように渡り歩き、4回も苗字が変わった優子、十七歳。いまは血の繋がらない父親・森宮さんと2人暮らしをしている。離れ離れになった実の父親、突然音信不通になった継母の梨花さん、そしてつねにきれいな距離感を保った森宮さん――。本屋大賞を受賞したベストセラー小説のコミカライズ版、家族の形を丁寧に描いた感動作です。犬にピアノに家庭教師…梨花さんは優子が欲しいというものは何でも与えてくれた。しかし、どの入手方法も普通とは違っていて!?

<続きは本書でお楽しみください>

全文を読む

女手ひとつで優子を育ててくれた継母の「梨花さん」。2人の暮らしは楽しい思い出ばかり/そして、バトンは渡された⑤

女手ひとつで優子を育ててくれた継母の「梨花さん」。2人の暮らしは楽しい思い出ばかり/そして、バトンは渡された⑤

瀬尾まいこ:原作、田川とまた:漫画の書籍『そして、バトンは渡された』から厳選して全6回連載でお届けします。今回は第5回です。幼いころに母親を亡くしてから、さまざまな親のあいだを「バトン」のように渡り歩き、4回も苗字が変わった優子、十七歳。いまは血の繋がらない父親・森宮さんと2人暮らしをしている。離れ離れになった実の父親、突然音信不通になった継母の梨花さん、そしてつねにきれいな距離感を保った森宮さん――。本屋大賞を受賞したベストセラー小説のコミカライズ版、家族の形を丁寧に描いた感動作です。優子のお母さんになりたいと言ってくれた梨花さん。こうして、いつも明るい梨花さんは優子の継母となった!

<第6回に続く>

全文を読む

「元気かな…」継父・森宮さんの元妻で、優子の継母、「梨花さん」の存在とは?/そして、バトンは渡された④

「元気かな…」継父・森宮さんの元妻で、優子の継母、「梨花さん」の存在とは?/そして、バトンは渡された④

瀬尾まいこ:原作、田川とまた:漫画の書籍『そして、バトンは渡された』から厳選して全6回連載でお届けします。今回は第4回です。幼いころに母親を亡くしてから、さまざまな親のあいだを「バトン」のように渡り歩き、4回も苗字が変わった優子、十七歳。いまは血の繋がらない父親・森宮さんと2人暮らしをしている。離れ離れになった実の父親、突然音信不通になった継母の梨花さん、そしてつねにきれいな距離感を保った森宮さん――。本屋大賞を受賞したベストセラー小説のコミカライズ版、家族の形を丁寧に描いた感動作です。しばらくの間、優子を育ててくれた「梨花さん」。森宮さんの元奥さんでもある彼女と優子の出会いは?

<第5回に続く>

全文を読む

過去に母親を事故で亡くした優子。進路相談のときに、担任の先生につらいことはないか聞かれると…/そして、バトンは渡された③

過去に母親を事故で亡くした優子。進路相談のときに、担任の先生につらいことはないか聞かれると…/そして、バトンは渡された③

瀬尾まいこ:原作、田川とまた:漫画の書籍『そして、バトンは渡された』から厳選して全6回連載でお届けします。今回は第3回です。幼いころに母親を亡くしてから、さまざまな親のあいだを「バトン」のように渡り歩き、4回も苗字が変わった優子、十七歳。いまは血の繋がらない父親・森宮さんと2人暮らしをしている。離れ離れになった実の父親、突然音信不通になった継母の梨花さん、そしてつねにきれいな距離感を保った森宮さん――。本屋大賞を受賞したベストセラー小説のコミカライズ版、家族の形を丁寧に描いた感動作です。複雑な家庭環境の優子に対して教師がつらくないかと質問すると、優子は堂々と「不幸じゃない」と答える。その理由は…?

<第4回に続く>

全文を読む

複雑な家庭環境の優子。友人と進路の話になり、血の繋がっていない父に遠慮するが…/そして、バトンは渡された②

複雑な家庭環境の優子。友人と進路の話になり、血の繋がっていない父に遠慮するが…/そして、バトンは渡された②

瀬尾まいこ:原作、田川とまた:漫画の書籍『そして、バトンは渡された』から厳選して全6回連載でお届けします。今回は第2回です。。幼いころに母親を亡くしてから、さまざまな親のあいだを「バトン」のように渡り歩き、4回も苗字が変わった優子、十七歳。いまは血の繋がらない父親・森宮さんと2人暮らしをしている。離れ離れになった実の父親、突然音信不通になった継母の梨花さん、そしてつねにきれいな距離感を保った森宮さん――。本屋大賞を受賞したベストセラー小説のコミカライズ版、家族の形を丁寧に描いた感動作です。進路で親と揉めているという友人。優子に親と揉めることがないか尋ねると、優子は…。

<第3回に続く>

全文を読む

「瀬尾まいこ」のおすすめ記事をもっと見る

「瀬尾まいこ」のレビュー・書評をもっと見る

「瀬尾まいこ」の本・小説

掬えば手には

掬えば手には

作家
瀬尾まいこ
出版社
講談社
発売日
2022-07-06
ISBN
9784065282489
作品情報を見る
夜明けのすべて

夜明けのすべて

作家
瀬尾まいこ
出版社
水鈴社
発売日
2020-10-22
ISBN
9784164010013
作品情報を見る
傑作はまだ (文春文庫 せ 8-4)

傑作はまだ (文春文庫 せ 8-4)

作家
瀬尾まいこ
出版社
文藝春秋
発売日
2022-05-10
ISBN
9784167918712
作品情報を見る
夏の体温

夏の体温

作家
瀬尾まいこ
出版社
双葉社
発売日
2022-03-17
ISBN
9784575244984
作品情報を見る
その扉をたたく音

その扉をたたく音

作家
瀬尾まいこ
出版社
集英社
発売日
2021-02-26
ISBN
9784087717419
作品情報を見る
ありがとう、さようなら (角川文庫)

ありがとう、さようなら (角川文庫)

作家
瀬尾まいこ
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-04-24
ISBN
9784041026397
作品情報を見る
ファミリーデイズ (集英社文庫)

ファミリーデイズ (集英社文庫)

作家
瀬尾まいこ
出版社
集英社
発売日
2019-10-18
ISBN
9784087440379
作品情報を見る
君が夏を走らせる (新潮文庫)

君が夏を走らせる (新潮文庫)

作家
瀬尾まいこ
出版社
新潮社
発売日
2020-06-24
ISBN
9784101297743
作品情報を見る

「瀬尾まいこ」人気の作品ランキングをもっと見る

「瀬尾まいこ」の関連画像・写真

「瀬尾まいこ」の関連画像・写真をもっと見る