読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おしゃ修行 (双葉文庫)

おしゃ修行 (双葉文庫)

おしゃ修行 (双葉文庫)

作家
辛酸なめ子
出版社
双葉社
発売日
2020-05-13
ISBN
9784575714852
amazonで購入する Kindle版を購入する

おしゃ修行 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あまね

図書館でドサっと借りた辛酸なめ子さんの本も3冊目。今回のテーマは『おしゃれ』でした。相変わらず、クスクスと笑いながら(時には大爆笑!)読み進めました。なめ子さんがお買い求めになるブランドはステキなものばかり。是非、インスタでファッションコーデを拝見したいです(笑)天然石のアクセサリーへの情熱は驚きましたが、お洋服とアクセサリーへの欲求は女子なら多かれ少なかれよく分かります。

2020/07/01

うなぎ

お初辛酸なめ子さん。オシャレに迷走して四苦八苦爆買い後悔やめられないなエッセイ。なめ子さんは自分と同じ埼玉県出身で、高校時代はオシャレの聖地東京に進学し、キラキラ同級生と違って自分のセンスのなさとお洋服が買えなかったコンプレックスがパワーアップして、大人になってから爆買いするようになったみたい。浦和出身なら十分恵まれてるじゃないかと思ったけど、当時は違ったらしい。買うもの買うものが、何万円代のものばかり、バブリー思い出してクラックラする金銭感覚。→続き

2021/02/25

cithara

すぐに買いに走ったなめ子さんの新刊。私も洋服に関しては未だに修行中。クローゼット一杯の服に満足...なんて日は来ないのかしら。あら、なめ子さんも同様のことで悩んでいるわ、と思ったら、服飾品につかう金額が私とは違います。0一ケタ、場合によっては二ケタも。なめ子さんは十分セレブですよ。でもなめ子さんの文章はあくまでも自虐的。ときには霊にも諭されます。そしてなめ子さんはよく反省するところが素晴らしい。ラジオで喋っているなめ子さんのお話をきいたことがあります。遠慮がちでオドオドしているようにみえるのにびっくり。

2020/05/15

キキ

私はおしゃれには無頓着なのですが、この本を読んで、とてもショッピングに行きたくなってしまいました!よくある上から目線のファッションエッセイではなく(笑)、古着屋に洋服を売りに行ったら査定が付かなかったとか、フリマでグイグイ値切られて言いなりになってしまったとか、自虐的なエピソードも多く、分かる~と共感しながら読みました。

2020/08/09

miu

わたしはいつになったらおしゃれになれるのか。辛酸なめ子さんと共におしゃ修行の道へ進もう。辛酸さんの心の声に何度もぷふっと笑った。店員さんとの心理戦には共感しかない。お金を払うことで、相手の機嫌をよくして上下関係をはっきりさせたいっていう心理が働くっていうのには目から鱗だったけど。年齢が上がっていくにつれ、難しく考えがちなおしゃれ。ぶつぶつ言いながらも楽しみたい。

2020/06/28

感想・レビューをもっと見る