読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

はつ恋 (ポプラ文庫 む 4-1)

はつ恋 (ポプラ文庫 む 4-1)

はつ恋 (ポプラ文庫 む 4-1)

作家
村山由佳
出版社
ポプラ社
発売日
2021-11-05
ISBN
9784591171721
amazonで購入する Kindle版を購入する

はつ恋 (ポプラ文庫 む 4-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

「天使の卵」シリーズ、「おいコ―」シリーズに続く、大人になった村山由佳の傑作。としか、書きようがない。

2021/11/25

よっち

千葉の海の近くの日本家屋に愛猫と暮らす小説家のハナ。二度の離婚を経て、喪失も手放すことも知ったから辿り着いた、古くて新しい恋人との日々を描く物語。二度の離婚を経験しても何だかんだで恋愛体質なハナの新しい恋人は弟同然に育った幼馴染。お互い老いた親を抱えての千葉と大阪の遠距離恋愛が描かれていましたが、穏やかな日々の描写の端々にこれまで長年積み重ねてきた容易には手放せない、変われないものを感じつつも、それでも最終的に結ばれた幼馴染との自然体で揺るぎない想いや、この人がいる安心感みたいなものはいいなと思えました。

2021/11/07

ピロ麻呂

村山由佳作品って不倫や禁断の恋のイメージが強いんやけど、本作はほのぼの幸せな恋愛が描かれています。四季の移ろいと共にある、幼なじみの二人の関係…憧れますね~😆

2021/11/29

JUN

巡り巡ってまた出会った。 一度目はただの出会いかもしれないけど こうしてまた会えたことは奇跡だと思うよ。

2021/11/28

ラッキー

色々と辛い経験を潜り抜けてきた二人のはつ恋。自然体の世界観が良かった。

2021/11/20

感想・レビューをもっと見る