読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

13月の悲劇 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)

13月の悲劇 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)

13月の悲劇 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)

作家
美内すずえ
出版社
白泉社
発売日
1996-09-01
ISBN
9784592883647
amazonで購入する

13月の悲劇 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅわ

レビュー寄付で一念発起!怒涛の週末読み溜め…番外編。『ガラスの仮面』で有名な美内すずえ先生の初期の傑作選です。『13月の悲劇』有名俳優の隠し子のマリーが、母の死後、規律のきびしい寄宿学校に入れられ…というホラー。仮面の同級生達はトラウマになりそう(涙) 『金色の闇が見ている』田舎の町に越してきた女の子が猫との戦いに巻き込まれるお話。猫の集団…相当コワイ。『冬のひまわり』小さい時に見た絵の“雪の中に咲くひまわり”を探す物語。『ポリアンナの騎士』ポリアンナと、彼女の命を何度も助けてくれる男性とのお話。

2014/06/14

犬こ

古い少女漫画シリーズ。美内すずえは、ストーリーがドラマティカルだわ~。今読んでも新鮮!

2014/07/27

らなん

何度目かの再読。美内さんの漫画は、発売時のコミックで持っているのだけど、全て妹の所で保管されているため、すぐ読めるよう文庫版で自分用に買い直しした。冬のひまわりとそれが咲く村に住む、太陽にあたると溶けてしまう人々、映画「ベン」を彷彿させるネコの街等々、どのストーリーも秀逸で何度でも読み返したくなる。

2020/06/24

いさらこ

初読。表題作、転入した学校が悪魔崇拝の魔女養成学校というサスペンス。『金色の闇が見ている』は読んだことあり。観光地の猿並みに人から食べ物を奪う、ハーメルンのネズミ並みに増えた野良猫。しまいには食肉の為に人を襲うかなりホラーな話。猫が悪役なんて!以上は中編で、短編の『冬のひまわり』『ポリアンナの騎士』はファンタジーな、色々楽しめる1冊でした。

2014/07/17

Kana

13月の悲劇は衝撃的だった。教室内の生徒が仮面に見えるなんて余程のことだと思う。デボラは2年間変わらず頑張った。だからこそあの学園から出られなかったのは残念。

2018/04/22

感想・レビューをもっと見る