読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

闇のシャイニング リリヤの恐怖図書館 (海外文庫)

闇のシャイニング リリヤの恐怖図書館 (海外文庫)

闇のシャイニング リリヤの恐怖図書館 (海外文庫)

作家
スティーヴン・キング
ジャック・ケッチャム
クライヴ バーカー
べヴ・ヴィンセント
エドガー・アラン・ポー
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
ハンス=オーケ・リリヤ
友成純一
白石 朗
金子浩
金原瑞人
出版社
扶桑社
発売日
2020-09-02
ISBN
9784594085841
amazonで購入する

闇のシャイニング リリヤの恐怖図書館 (海外文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nuit

【オール・ハロウズ・イヴ(All Hallow's Eve)Horror読書会’20】参加にて読みました。スウェーデン人リリヤさんによるスティーヴン・キング個人ファンサイトの設立20周年祝う目的で刊行されたアンソロジー。ファンの情熱からこのような一冊が出来るのは素晴らしい。しかし、若干期待しすぎてしまったせいか、あまり響くものがなくて…(^^;;。とはいえ、久しぶりにポーを読み、やはり良作品は時を超えて残るのだと再認識しました。

2020/10/14

sin

キングに向ける情熱の成果〈リリヤ・ライブラリー〉キング・若気のいたり誤って世に出た習作。ケッチャム・愛は自己満足、もちろん垣根はある。オナン・ホロコーストは語らない。ヴィンセント・甘くない夜の住人。バーガー・正しい者の暴力は正当化されると云う誤って解釈された神の摂理。キーン・世界は既に終わっている。チズマー・ストーカーの自己満足。キグリー・内容は迫真だが蛾では役不足?キャンベル・サイレントヒル。ポー・狂人は狂ってないと云い。フリーマン・ミスリード、否、期待と違う結末。ヨン・邪悪の報酬または復讐は◯に在り…

2020/09/23

ネコベス

スティーヴン・キングのファンサイトを20年間運営してきたスウェーデン人ハンス=オーケ・リリヤ氏が自らキングゆかりの作家達に打診して編集した12作を収めたホラー短編集。天使が飼い主に起こした奇蹟の巻き添えを食って人間になってしまったオウムとリクガメの困惑をブラックユーモアたっぷりに描いたクライヴ・バーカー「ピジンとテリーザ」、TRPGに熱中する少年がクトゥルフの魔物を呼び出してしまうヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト「キーパー・コンパニオン」が良かった。

2020/12/21

本木英朗

世界最大のスティーブン・キング・ファンサイトを20年間運営してきたH=オーケ・リリヤが、編んだ魂の12本である。海辺のコテージを訪れた作家が、家主の妻に霊感を得て小説を書き始めるが、完成した作品を読んで笑い転げる彼女を見て……というキングの短編「青いエアコンプレッサー」ほか11編を収録。どれもこれも面白かったです。またいつか読みたいなあ。

2021/04/25

くさてる

キングとどんな関係があるのかと思ったら、キングのファンサイトを20年間運営してきた編者が集めた、キングゆかりの作家によるホラーアンソロジー。というわけで、キング作品の二次創作的なものではなく、キング関係なくホラーアンソロジーとして読むことができます。当のキング「青いエアコンプレッサー」は、ああ、昔のキングっぽい!という話。あとはケッチャムとカセックの合作「ネット」とリンドクヴィスト「キーパー・コンパニオン」の二作が図抜けて良かったです。

2020/11/11

感想・レビューをもっと見る