読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)

作家
秋元康
田原総一朗
出版社
アスコム
発売日
2013-01-25
ISBN
9784776207627
amazonで購入する

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふくみみ

宝塚の本で触れられてて読むことにしました。どのくらいホントなのかなーと疑いの目で見つつ、確かなのは結果を求められる仕事でちゃんと信用黒字を作った上でAKB48ではやりたいようにやったということかなーって。結果を求められるシーンではちゃんとマーケティングしてバットを短く持ってコツコツあてる力もあればこそ大ヒットのかけに挑めるよなー。キャッチーな曲を提供してある程度ヒットを打てるのであれば安全牌のアイドルより大ヒットを飛ばせるかもしれない人材を自分とファンで育てたいというのはわかるな。

2015/07/08

k

「ヒットするコンテンツは、勝手に深読みされ、深読みが加速していく」、「AKBの成功には、秋葉原という地場の力が大きく作用している、と思います」。秋元さんの過去の著書でも語られている独特の企画哲学。それを実行した結果がいまのAKBなんだろうなと。

2013/01/26

三崎口@ネットつないだら本格復帰します

秋元康の本は何冊か読んでるけど、この人の思考は本当に面白い。好き。予定調和を壊すというのは、奇をてらったり裏をかくじゃなくて何も制限をかけないのが正解←これはなるほどと思った。この人は凄い

2013/03/05

hyoshiok

図書館本。なんで読みたい本リストに載っていたのか思い出せない。読んでみたら思ったより面白かった。田原総一郎の貪欲な好奇心もすごいし、田原の質問に真摯に答える秋元康もすごい。「AKBはリナックスである」(36ページ)ってリナックスって言いたいだけだろうと思わなくもないが、コピーの作り方がうまい。まんまと乗せられてしまう感じだ。「成功しない理由を見つけない」(196ページ)箴言(しんげん)がいっぱいある。

2018/02/15

Haruka Fukuhara

写真を見て痩せたなーと驚いた。随分とのっぺりした顔になった。2013年はまだAKBが勢力を保ってたのか。秋元「芸能界で進学率が一番いい女子高を作ろう」→AKB卒業生の低迷と、本体の停滞以上に卒業生の進路の方が問題な感がある。父親みたいな気持ちで見てるって書いてあるけど、今でもその気持ちを維持しているとは思えない。別に責めてるわけじゃないけど、言動がころころ変わるから才覚は認めても人として信じられない気がする。

2017/03/02

感想・レビューをもっと見る