読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

地元を生きる―沖縄的共同性の社会学

地元を生きる―沖縄的共同性の社会学

地元を生きる―沖縄的共同性の社会学

作家
岸政彦
打越 正行
上原 健太郎
上間陽子
出版社
ナカニシヤ出版
発売日
2020-10-06
ISBN
9784779514975
amazonで購入する

地元を生きる―沖縄的共同性の社会学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

shikashika555

岸正彦さんのオンライン講座次回資料として読んだ。 かねてから リゾートと基地の街、相互扶助の楽園みたいな切り取り方で沖縄を理解することに強い違和感を持っていた。 戦争被害でも米軍基地でも癒しのリゾートでもない普段の沖縄は、内地で暮らす人間には不思議なほど見えてこない事に不審を抱いてもいた。 職業や所得により、安定層 中間層 不安定層に属する人達から見た沖縄に対する語りを聞き取る形で構成されている。 驚く程濃密な語りと、不安定層への参与観察の内容に酔いそうになりながら、休み休みの読書であった。

2021/04/15

ばんだねいっぺい

沖縄の話のようで日本全体の話であり、身につまされるような別世界のような、家族的連帯の暖かさと排除された者たちの行き場のなさ。いつまでたってもよそ者でしかいれないよそ者。うーん。自由でいいと思ったな。

2021/04/30

伊田林 浮刄@RinGoddess

★★★★☆サービス業と建設業に偏ったいびつな産業構造のなか安定層(公務員やローカル大企業)・中間層(地元の繋がりでサービス業に従事する人々)・不安定層(貧困低学歴な建設作業員や風俗嬢)に分断された沖縄の階層社会を参与観察を通して描いた本書。県外の人間が抱く沖縄のイメージをことごとくぶち壊してしまうような生身の沖縄の人々の暮らしが描かれている。これに銃と麻薬が加わっていたらまんまドン・ウィンズロウの世界じゃんって感じ。最後は春菜さんの人生に幸あれと願いそっと本を閉じました。

2021/05/17

yhirose254

『家族こそが子どもを育てるべきであり、それさえあれば子どもは育つとみなす脆弱なケアシステムしか持たないこの国のなかで、家族からのケアを受けられない子どもを気遣う人はだれもいなかった。(p432)』自助、共助、公助の現政権の政治が導くのは『・・私たち本上の人間が沖縄の不安定な政治状況や産業構造にもとづいて搾取し、それをいまだに放置している・・(p353,脚注)』沖縄の普遍化した日本ではと恐ろしい。それ以前にBlackLivesMatterに比すべき「搾取される」沖縄の構造に怖気をふるう読書体験・・・。

2021/02/23

チェアー

読んで感じたのは、これほど暴力が支配しているのか、という絶望感だ。年上が年下を、男が女を、暴力で支配し、それがおかしいと感じない。こに逃げても沖縄に帰ってきてしまう。過酷であっても、そこが地元であるから、そこしか居場所がないから。 一人ひとり事情は違う。だからできるなら沖縄の人全員から話を聞かないと、沖縄の姿は分からない。 誤植と図表と原稿との食い違いがいくつか目立って、それを見てしまうと後の原稿への信頼が揺らいでしまって残念だった。

2020/12/01

感想・レビューをもっと見る