読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

山の近くで愉快にくらす 猟師になりたい! 2

山の近くで愉快にくらす 猟師になりたい! 2

山の近くで愉快にくらす 猟師になりたい! 2

作家
北尾トロ
日高トモキチ
出版社
信濃毎日新聞社
発売日
2015-10-09
ISBN
9784784072699
amazonで購入する Kindle版を購入する

山の近くで愉快にくらす 猟師になりたい! 2 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

むつこ

シリーズ2作目。狩猟免許取得2年目、今年の釣果は?娘さんの好奇心がほほえましい。1つの趣味を通して、養蜂や鷹匠、銃器屋さんとの交流に興味が尽きなく、これからもハマっていくだろうと想像できる。その土地で暮らすということはこういうことなんだろうな。

2020/06/10

ツバメマン★こち亀読破中

狩猟本にもかかわらず、2冊目(2シーズン目)にしてやっと1羽目の鳥を仕留めたというのが何ともトロさんらしい。でも彼の活動を通して里山の環境、地方の過疎化や活性化、農業への害獸被害と対策など、都会暮らしでは見えないものを少し理解することができました。トロさんは狩猟の腕はもうひとつなのですが、獲物を解体して食べることで娘さんに“命を頂く”ということを見せています。それは最高の教育だなぁと羨ましく思いました~。

2015/12/07

ひろ☆

低迷感に、自分でもできるかもと、猟師熱を煽る。地方に引っ越したくなる。。

2016/03/18

たくのみ

「山賊ダイアリー」は、だんだん本格的になりすぎてしまったけど、この本の著者・北尾さんは最後まで読者と同じ水準なのだ。一年間猟をしながら戦果はバン一羽というところがいい。狩猟をめぐる話題、また、害獣の駆除を目的とした鳥獣保護法の改正についてのレポートが面白い。猟友会の高齢化、里山の荒廃で暴走するイノシシや猿を何とかしなければ、という社会問題への取り組み・認定鳥獣捕獲等事業者制度の今後が気になります。

2015/11/06

スプリント

新米猟師としての悪戦苦闘っぷりがコミカルに、家族を巻き込んだ猟師仲間との触れ合いをほのぼのと、そして日本の猟をとりまく環境と未来については真面目に語られています。

2016/08/13

感想・レビューをもっと見る