読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カミュ伝 (インターナショナル新書)

カミュ伝 (インターナショナル新書)

カミュ伝 (インターナショナル新書)

作家
中条省平
出版社
集英社インターナショナル
発売日
2021-08-06
ISBN
9784797680782
amazonで購入する Kindle版を購入する

カミュ伝 (インターナショナル新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パトラッシュ

思った通りに生きることは難しい。まして生き方が注目される著名な文学者となると、政治や世論と無関係ではいられない。貧困や戦争の中で自由とは何かを学び作家として成長したカミュにとって、同時代の主潮流であった左右を問わぬイデオロギーは支配を求める現実政治の不条理そのものであった。しかし厳しい東西対立と植民地解放こそ善とされた時代、故郷アルジェリアとフランスが引き裂かれることに苦しむ彼の心情は理解されなかった。ノーベル賞すら栄光ではなく批判にさらされたカミュにとって、事故による急死は長い苦悩からの解放だったのか。

2021/09/02

おたま

中条省平氏訳による新訳の『ペスト』とほぽ同時に出版されたこの『カミュ伝』。非常にタイムリーだと思う。不条理な人生を生きていくのに必要なのは「反抗」と「自由」と「情熱」だとカミュは言う。不条理と言う言葉とはうらはらにまことにロマンティックな在り方ではないか。カミュの人生はこれを地で行くものだった。少年期に結核になり、死という不条理に直面せざるをえなかった。母親は、耳が聞こえず、寡黙であり、文字を読むこともできなかった。カミュの文学はそうした不条理や沈黙につりあうだけの言葉を生み出す努力だったのだと思う。

2021/09/22

旧Q憩

ニヤリとする題のセンスと著者名を見て即レジ。『気狂いピエロ』や初期北野武を通じて私にも根を下ろす、核心的な生死のイメージーー海と太陽、不条理(absureed)ーーは、明らかにルーツにカミュのミームがありそうだ。だけでなくサルトル論争やレヴィ=ストロースを引かずとも、彼は私たちの思想的結節点にも立っているように思えた。〈明るく見きわめる(clairvoyance)=いま、ここ〉の生の陽と、不条理、病苦と鬱、陰のコントラスト。カミュは太陽を背光にしたママンの逆光の肖像を纏うかのようだ。祝『ペスト』著者新訳。

2021/09/18

NY

過去、カミュの評伝には何冊か挑戦したがことごとく挫折。本書はカミュの人生(特に人間関係)と激動の時代背景、これらがどのようにカミュの考え方に影響し、作品に反映されていったかを分かりやすく示しており、最後まで読み通すことができた。 カミュは、生きることに貪欲(強い渇望)で、「正義」のために人を殺すことに一貫して反対した。彼の考え方は、目の前の不条理に抗するにはナイーブだったかもしれない。しかし、決して無力ではなく、理不尽な現実を直視してできる限りのことをするという、極めて強靭な精神に支えられているのだ。

2022/01/15

にしの

中条省平によるカミュの伝記。新書なので手軽に電車ですらりと読んだ。カミュの作品はいろいろ知っているが、彼が作品を世に出した時に置かれていた社会的立場や心情にスポットライトをあて、彼の人生と作品が並べられており、各作品の持つ意味づけに新たな味が出された。 カミュの47年の人生は如何なる時もモテる。彼の性質は憂鬱症の太陽の子で、それに女性は振り向いてしまうのかもしれない。ロカンタンのような湿り気の子である自分にはカミュは眩しすぎる。もっとも、それに憧れるのだけれども。

2021/08/17

感想・レビューをもっと見る