読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装丁版 梅原 猛の『歎異抄』入門

新装丁版 梅原 猛の『歎異抄』入門

新装丁版 梅原 猛の『歎異抄』入門

作家
梅原猛
出版社
プレジデント社
発売日
2019-01-29
ISBN
9784833423120
amazonで購入する

新装丁版 梅原 猛の『歎異抄』入門 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chantal(シャンタール)

まずはこれが親鸞が書いた物だと思っていた私の無知さ加減。弟子の唯円が親鸞の言葉として書いた物だとそこから始まる。「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」これがどうにも昔から理解出来なかった。なぜ念仏を唱えさえすれば悪人でも往生出来るのか?法然や親鸞の時代を考え、文字も読めないような人々でも救われる為にと言うのは分かる。でも自分で努力して善行しようとする自力はダメ、というのがどうにもこうにも・・凡夫が悟りを開くなんて絶対無理だから、念仏しなさいという事なのだろうが。梅原先生、私はまだまだ勉強が必要です。

2020/02/24

ともゆき

なんとなく立派なお坊さんみたいな印象だったけど、親鸞とはこんなに激しさを持つ人だったんだと認識。この書も長い間、秘本として本願寺の文庫のおく深く秘められてきたほどの内容。こうした背景を踏まえてこれからも歎異抄に触れていきたいと感じた。

2021/05/09

ジャズクラ本

○前半は法然、親鸞、唯円の関係解説が教科書的。後半は普通に歎異抄。

2019/05/29

ぐんまくん。

どう理解していいのかわからない。 自力はだめ。とにかく阿弥陀さまの他力を頼む・・・ 何かを信じて努力する、とかではない。とにかく信じ、念仏を唱える・・   これだけ読み継がれているもの、理解できない自分に何かが足りないのだろう。

2019/10/07

ナリボー

9/10 テーマの秀逸さ、歯切れのよい文体、そして何より筆者の熱意が感じられる作品だった。入門書の名の通り、平易で簡潔な表現で分量も少なく、歎異抄に対してより深く勉強したいと思わせられた。

2022/06/30

感想・レビューをもっと見る