読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アスク・ミー・ホワイ

アスク・ミー・ホワイ

アスク・ミー・ホワイ

作家
古市憲寿
出版社
マガジンハウス
発売日
2020-08-27
ISBN
9784838731114
amazonで購入する Kindle版を購入する

「アスク・ミー・ホワイ」のおすすめレビュー

古市憲寿の新刊は“BL”ロマンチックストーリー。アムステルダムで出会った青年ふたりが恋をするまで

『アスク・ミー・ホワイ』(古市憲寿/マガジンハウス)

 ボーイズラブ作品でデビューした漫画家・雲田はるこさんの透明感あふれる装画が表紙の『アスク・ミー・ホワイ』(マガジンハウス)。近距離で見つめ合うふたりの青年の様子には、どこか親密な雰囲気が漂う。

【今年No.1ロマンチック・ストーリー】という帯の上にある作家名には「古市憲寿」の文字。朝のTV番組で辛口コメントをする社会学者、あるいは2回連続で著書が芥川賞候補になった、どちらかというとリアリスチックな印象がある、あの古市氏である。

 本作は「ニュースにはいつも続きがない」という一文からはじまる。あれだけ世間を騒がせたスキャンダラスなニュースの数々は、その後どうなったのか。世間はすぐに新しい事件に目を奪われて、ひとつ前の事件を忘れていく。そんな世間にはうんざりだと言わんばかりの書き出しは、なんだか朝のTV番組で見かける著者っぽさが滲んでいて、妙に説得力がある。

 毒を吐く古市氏を思い浮かべて、くすっとしたのも束の間、さらにページをめくると、一瞬にして、淡く美しい世界に惹きこまれる。

 舞台は異様な寒さに包ま…

2020/9/19

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

アスク・ミー・ホワイ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

『奈落』の余韻が私の脳にあって、今回はどんなだろう・・と。古市さん、こんなのも書くのね~って読めた。男とか女とか恋とか友情とか仕事とか社会とか・・いろいろあるけど、純粋に「ヤマト」と「港くん」この二人の出会いと愛の物語。舞台がアムステルダムっていうのもなんか好い。

2020/09/30

うののささら

個人的な感想ですが、星⭐️一つです。おっさんずラブじゃなくて、ボーイズラブ。彼女といるより楽に感じる彼との時間。おいおい。好奇心が生活を楽しくさせ、退屈だった日々は大きく姿をかえる。なんかやけに話が生々しいな。自分の体験としか思えない。

2020/10/11

さおり

圧倒的な多幸感に包まれながらビートルズを聞く読後。なんという、王道ラブストーリー(私基準)。唾液の交換が苦手な、あの古市さんが書いたんだよね、、、というもやもやが頭の中を占拠していた前半がもったいなかったので、これから読む方には一旦古市さんを忘れることをおすすめします。で、これすごい妄想し甲斐があるよ!港くんとヤマトのキャスティング妄想はとまらんし(正解のあの俳優さん以外で)、マンガにするなら誰に描いてもらうかもまだまだ熟考中。やっと3人くらいまで絞り、考えに考えて、結局雲田さんかーとか思ったり。幸せ。

2020/10/16

ミライ

古市憲寿さんの新刊はなんとBL小説。オランダのアムステルダムに住む日本人のヤマトは、友人からの紹介で元俳優の港颯真に出会う、港は写真週刊誌スキャンダルで芸能界から姿を消して世界を転々としている中で、アムステルダムに住み始めたのだが、彼にはいろいろな秘密があり… ネトフリ、インスタ、Uberなどなど最新のツールが続々登場するいつもの古市節は健在で、オランダが舞台とあってドラッグ描写も目立つ。オランダが脱出ゲームの聖地ということを初めて知った(調べたら現地まで行ってプレイする方もいるようだ)。

2020/09/15

まさおか つる

誤解とは大前提なのだ。あらゆる関係には、誤解や思い違いやすれ違いが含まれている。その中で、誤解を解こうとする過程にこそ意味があるのではないか。完璧に理解し合うことが無理だとわかりながら、その状態に近付こうとする試行錯誤こそが、誰かを思い合うことなのだと思う。/だからきちんと伝えないといけない。世界に二人だけしかいなければ、伝える必要のない言葉。世界に愛という感情しか存在しないならば、わざわざ口に出すまでもない言葉。世界が永遠に続くのならば、確認するまでもない言葉。

2020/10/04

感想・レビューをもっと見る