読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アトム ザ・ビギニング (14)

アトム ザ・ビギニング (14)

アトム ザ・ビギニング (14)

作家
手塚治虫
ゆうきまさみ
カサハラテツロー
手塚眞
出版社
ヒーローズ
発売日
2021-03-05
ISBN
9784864687904
amazonで購入する Kindle版を購入する

アトム ザ・ビギニング (14) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

ヒト型ロボットの軍事利用。各国が開発を進める中、先行導入していた国々から研究開発に制限を課す国際条約が提案される。ところが、開発途上国からは技術発展を抑え込む意図があると、反発の声があがる。ロボット兵開発に遅れをとっていた日本は、しかし米国との裏取引が進行しており、条約に賛成せざるを得ない立場となる。この設定は、もちろん核兵器禁止条約に日本が不参加となっている問題をロボット開発へとスライドさせたものだ。(つづく)

2021/03/09

改めてロボットを兵器として使うことを示唆して、ぐっと話が引き戻される。だから戦争が止まない訳だと思いつつ、先の展開を想像してゾクゾクする。次巻、まずは表紙のおねえさま方だが、作者たちの趣味からすると、またグッチョングッチョンにされそうだ。

2021/03/16

Nowhereman

感想後日

2021/04/28

毎日が日曜日

★★★★

2021/03/07

わさわさ

Dr.ロロが長い尺を割いて説明してるけれど、内容的には結構前にウマタロウが辿り着いてる推理なのでテンポが悪く感じてしまう。

2021/06/15

感想・レビューをもっと見る