読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アトム ザ・ビギニング (15)

アトム ザ・ビギニング (15)

アトム ザ・ビギニング (15)

作家
手塚治虫
ゆうきまさみ
カサハラテツロー
手塚眞
出版社
ヒーローズ
発売日
2021-08-05
ISBN
9784864688222
amazonで購入する Kindle版を購入する

アトム ザ・ビギニング (15) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

青騎士としてのブルー。かつて青騎士は言った。「人間にしいたげられたロボットの仲間たちよ‼︎ われわれはわれわれロボットだけの国をつくろう‼︎ ロボットが自由にしあわせにくらせる国をつくろう‼︎」ロボットの内に目覚めた自我が人間への反乱を起こす。そのきっかけは憎悪だった。その憎悪の概念を、ブルーはさらに一歩押し進める。ロボットにとっての悪は、自我を脅かす存在だとブルーは語る。では、自我を脅かす存在とは何か。それは自分達を生んだ開発者なのだ、と。生みの親への憎悪とは、つまり父殺しを意味する。

2021/09/03

あ~あ、とうとうヒトなんかより優れてるようなこと吐いちゃったよ。これじゃあ、また時空を越えない限りは後戻りできないとこまで来てるということなのか。主要なロボは集まっちゃっているし。

2021/08/18

こぼこぼ

話が中々進まないのが,ちょっともどかしくなって来た。後,この巻はゴア描写が少々多目。

2021/08/12

毎日が日曜日

★★★★

2021/08/07

おこじょ

マルす、バルトかっこいい! ブルー、青騎士みたいにロボット連れて行っちゃうのかな?

2021/08/23

感想・レビューをもっと見る