読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆっくり十まで

ゆっくり十まで

ゆっくり十まで

作家
新井素子
出版社
キノブックス
発売日
2018-09-29
ISBN
9784909689115
amazonで購入する

ゆっくり十まで / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダミアン4号

新井素子さんの物語との出会いはラジオドラマになった“二分割幽霊綺譚”が最初…今も本棚の隅っこに鎮座するこの本…背表紙も随分と褪せちゃったなぁ…あれからもう35~6年?うわぁ…おぎゃぁ!って生まれた子がバリバリの中年になっちゃう年月だよ!そうやって考えるとちょっと凄い(笑)…時代が変わっても“素子節”は健在!“とんでも~”な設定の物語の中に“ほんわか”する雰囲気が漂う…ご自身がファン!と公言する星新一さんがお得意としたショートショートを“偏愛”というテーマで…本編は勿論“あとがき”まで楽しい物語でした(笑)

2019/03/13

野のこ

ショートショート。装丁がキュート♡ 読んで思ったのは、新井素子さんが楽しんで書いているっていうのが伝わってきたってこと。人以外にも竹だったり消火器だったりちょっと変わった主人公もいたけど、みんな誰かを一途に想ってる。切ないお話や不思議なお話もありましたが、乙女で時には男気があって。ほんわかしてて 優しくて癒されました。心に沁みわたるー。どれも良かったけど特に「謎の男」「保護者」が好き。

2018/12/09

アクビちゃん

【図書館】お久しぶりの新井素子さん。2017年から2018年まで、キノブックスのウエブマガジン「キノノキ」で偏愛をテーマにしたショートショートです。あとがきで著者が言う通り、偏愛ではなく恋愛がテーマになってたりしますが、そんな事は知らないので楽しめます。「ここは氷の国」ユーモアと愛があって好き♪ 若い頃、大好きだった新井素子さん。まだまだ健在とはスゴイです👏

2018/12/13

よつば

2017年から2018年までキノブックスのウェブマガジン「キノノキ」で連載されていたショートショートを纏めた作品集。第1章「天下無敵の恋する乙女」4編、第2章「神様、どうかお願い」5編、第3章「されど、愛しい人間くん」6編の全15編が収録されています。どのお話にも『大好き』が詰まっていて可愛らしい。温泉好きな彼と前世が雪女で長時間湯船に入れない彼女との不思議なお話があったり、亡くなったお祖母ちゃんの初恋話にシンミリしたり、猫の立場から飼い主を眺めた話にクスリと笑ったり優しくて温かい物語の数々にほっこり。

2018/10/28

ネムコ

久しぶりの新井素子さん。ショートショート集だけど、とても良かった。新井さんのお話は時々、胸が冷えるようなダークな話もあるけれど、この本は全編“愛”に溢れてました。女の子に恋した体重計。自分を大事にしてくれた人を守りたい消火器。バッドエンドもほとんどなくて、読後感が良かったです。買っちゃおうかな?

2019/04/06

感想・レビューをもっと見る