読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吸血鬼

吸血鬼

吸血鬼

作家
佐藤亜紀
出版社
Tamanoir
発売日
2019-10-22
ISBN
9784910014029
amazonで購入する

吸血鬼 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tosca

ついてこられない読者を突き放す、そんな不親切な著者になんとか付いて行こうと一語一句、気を張って読むというのが佐藤作品を読む時の変な快感だったが、このあたりでちょっと親切になったか?難解な漢字も減り硬質な文体も柔らかめな感じになった気がする。とは言えオーストリア支配下の19世紀ポーランド辺境の村、どこまでも陰鬱だ。土地の因習や村人の相次ぐ死、序盤から不穏で暗くて寒くて貧しいが、いわゆる「吸血鬼」は出て来ないしホラー要素もない。なぜ吸血鬼なのかを考え余韻に浸りと美しさを噛みしめる。筆者の才能と感性は別物だ。

2020/04/26

ophiuchi

19世紀ポーランドの貧しい村に赴任したオーストリアの役人と隠遁した詩人との関りを軸に描かれる。次々に人が死んでいく陰鬱かつ耽美的な世界に浸った。

2020/10/08

猫吸い

始まりからずっと存在する不穏な空気に、どんな惨劇が起こるのかハラハラしながら読んだら、意外にも読後感は良かった。人は死ぬが皆が人として死に、人として生きていく。良い本を読んだ。

2020/11/05

暴力と破滅の運び手

「――クワルスキ氏に対する意趣返しですよ。言葉の方が強く、長く残ることを証明したいのです。どうなるかは神のみぞ知るところですが。」

2020/03/31

感想・レビューをもっと見る