読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

玉森裕太 (Kis-My-Ft2)

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
たまもり・ゆうた

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

アイドル

「玉森裕太」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

愛する彼女は、本当に俺の恋人か…? キスマイ・玉森主演で『パラレルワールド・ラブストーリー』実写化

愛する彼女は、本当に俺の恋人か…? キスマイ・玉森主演で『パラレルワールド・ラブストーリー』実写化

 東野圭吾による異色の本格恋愛小説『パラレルワールド・ラブストーリー』が、Kis-My-Ft2の玉森裕太主演で実写映画化される。この知らせにファンからは「本当に好きな作品だから嬉しい」と期待の声が続出している。

 物語は、2つの異なる世界“パラレルワールド”で展開される。とある女性が自分の恋人として存在する世界と、親友の恋人として存在する世界。主人公の敦賀崇史は、それぞれの世界で愛する女性への想いと親友との友情の間で翻弄されていく――。

 主人公・崇史役には、実力・人気ともに兼ね備える玉森が。またヒロインの津野麻由子役には吉岡里帆、崇史の親友・三輪智彦役には染谷将太がキャスティングされている。玉森は、同作に関して「信じていたものが脆く崩れていく儚さや、コントロールできない感情みたいなものをどう表現するのか、この役や題材は自分にとっての挑戦です」とコメント。

 また天才肌の研究者・三輪を演じる染谷は、「脳という宇宙のような壮大な世界の中で起きる唯一無二なラブストーリー」と同作を評し、「皆さんをこの迷路に巻き込む一筋縄では行かないラブストーリーを楽しみにし…

全文を読む

玉森裕太×小山慶一郎×古川雄輝が難事件に挑む! 推理コメディ『重要参考人探偵』ドラマ化にファン歓喜

玉森裕太×小山慶一郎×古川雄輝が難事件に挑む! 推理コメディ『重要参考人探偵』ドラマ化にファン歓喜

『重要参考人探偵』5巻(絹田村子/小学館)

『月刊flowers』で連載中の推理コメディ『重要参考人探偵』が、Kis-My-Ft2の玉森裕太主演でドラマ化されることが決定した。NEWSの小山慶一郎、古川雄輝の出演も決定しており、「めっちゃイケメン揃い! これは楽しみ」「3人ともモデル役って言うのが最高!!」と期待の声が続出している。

 同作は、なぜか死体の第1発見者になってしまう不幸体質のモデル・弥木圭を主人公としたコメディタッチのミステリー。玉森演じる圭は事件に遭遇するたびに“重要参考人”となってしまい、自身にかけられた容疑を晴らすためにモデル仲間2人と難事件に立ち向かっていく。小山が演じるのは、圭のモデル仲間で探偵に憧れる推理オタクの周防斎。古川は隙あらば女の子をナンパする女好きのモデル、シモン・藤馬を演じる。

 主演を務めるにあたって、玉森は「これからいただく台本をしっかりと読み込んで、自分の役柄、そして3人の関係性もしっかりと作りたいと思います」と、作品作りに気合を見せている。対する小山は、玉森のことを「グループにいても引き立つ存在ですし、この…

全文を読む

ドラマ「リバース」の“地味で冴えない”藤原竜也に反響続々

ドラマ「リバース」の“地味で冴えない”藤原竜也に反響続々

『リバース』(湊かなえ/講談社)

 2017年4月14日(金)から新ドラマ「リバース」の放送がスタートした。第1話では、藤原竜也演じる主人公の“冴えない男”深瀬和久の姿に、視聴者から「やっぱり藤原竜也の演技はすごいな…」「こんなにダサい男になれるものなのか!」と反響が続出。

 同ドラマは湊かなえの同名小説を原作としたヒューマンミステリー作品。有名大学を卒業しながらも冴えない普通の人生を送ってきた深瀬だったが、恋人のもとに送られてきた1通の手紙をきっかけに、ずっと目を逸らしてきた“とある事件”の真相に向き合うことを決意する――。

 類まれなる演技力で多くの作品を大ヒットに導いてきた藤原と、“イヤミスの女王”湊の強力タッグに放送前から注目が集まっていた同作。放送後には「なにこれめちゃくちゃ面白いんだけど」「俳優陣の演技力がすごい。1話からこんな圧倒されるドラマ久しぶり…」「湊かなえ的な怖さもありつつ… 結末が気になるドラマ」と多くの反響の声が。

 中でも視聴者の注目を集めたのは藤原の演技。今回藤原が演じるのは、学生時代から自分には価値がないとコンプレックスを…

全文を読む

藤原竜也がつまらないほど普通で地味な冴えない男に! 湊かなえ原作ドラマ「リバース」に豪華俳優陣集結で期待の声続々!

藤原竜也がつまらないほど普通で地味な冴えない男に! 湊かなえ原作ドラマ「リバース」に豪華俳優陣集結で期待の声続々!

『リバース』(湊かなえ/講談社)

 今年、デビュー10周年を迎える人気ベストセラー作家・湊かなえのヒューマンミステリー作品『リバース』が2017年4月からドラマ化される。主演・藤原竜也で紡がれる同ドラマに「キャスト豪華すぎるし、原作湊かなえだしどう考えても面白いでしょ」と期待の声が上がっている。

 『告白』『少女』などで知られ、“イヤミスの女王”と呼ばれる湊かなえ。今回ドラマ化される『リバース』は、湊自身が自著初めてと語る男性主人公の長編作品だ。主人公は、有名大学を卒業しながらも普通の人生を送ってきた32歳の男・深瀬和久。彼の恋人・美穂子のもとに送られてきた1通の告発文をきっかけに、深瀬は大事な人を守るため、10年前にあった“とある事件”の真相に向き合うことを決意する――。

 主人公・深瀬和久役は、圧巻の演技力と唯一無二の存在感で多くの作品に出演する藤原竜也。これまで映画「DEATH NOTE」の夜神月や、映画「るろうに剣心」の志々雄真実役など個性的なキャラクターを数多く演じてきた彼が、つまらないほど普通で地味な冴えない男を演じる。また、地味だが美…

全文を読む

キスマイ玉森「自分でもキュンキュンした」ハニカミつつも映画初主演作に自信あり

キスマイ玉森「自分でもキュンキュンした」ハニカミつつも映画初主演作に自信あり

 「図書館戦争」シリーズ、『県庁おもてなし課』『空飛ぶ広報室』などで知られるベストセラー作家・有川浩。相次いで作品が映像化され、2015年10月10日(土)からは映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』が公開されており、『植物図鑑』も来春頃公開予定だ。そして、2015年11月21日(土)より公開されるのが、累計88万部を超えるロングセラー恋愛小説『レインツリーの国』。本作は、「図書館戦争」シリーズの第2弾『図書館内乱』の作中に登場する、架空の恋愛小説を実際に作品化したものである。

 公開に先立って、完成披露上映会が2015年10月15日(木)、TOHOシネマズ新宿にて行われ、主人公・伸(しん)こと向坂伸行役を演じた玉森裕太(Kis-My-Ft2)、ヒロイン・“ひとみ”こと人見利香役の西内まりやをはじめとする豪華キャスト陣、三宅喜重監督、原作者・有川浩らが登壇した。

(左から)西内まりや、大杉漣、有川浩

(左から)三宅喜重監督、麻生祐未、森カンナ

 本作が映画初主演となる玉森。「素直に嬉しかったですが、不安や緊張も大きかったです」と主役…

全文を読む

玉森裕太主演の映画原作・有川浩『レインツリーの国』 角川文庫よりオリジナル帯で登場!

玉森裕太主演の映画原作・有川浩『レインツリーの国』 角川文庫よりオリジナル帯で登場!

 『図書館戦争』シリーズ、『県庁おもてなし課』『植物図鑑』『空飛ぶ広報室』などで知られるベストセラー作家・有川浩。作品の映像化も相次いでおり、恋愛小説『レインツリーの国』は、映画初主演の玉森裕太(Kis-My-Ft2)、実写映画初出演の西内まりやで2015年11月21日(土)より映画公開されることが決定している。  その原作小説『レインツリーの国』が、角川文庫よりオリジナル帯で2015年9月25日(金)に発売される。

もともと『レインツリーの国』は、『図書館戦争』シリーズの第2弾『図書館内乱』の作中に登場する、架空の恋愛小説のタイトル。聴覚に障害を抱えるヒロインが登場する作品として、『図書館内乱』のストーリー上で大きな役割を果たす。その架空ストーリーが出版社を横断するコラボレーション企画として、実際に有川によって小説化され、新潮社より刊行された。

その『レインツリーの国』が、『図書館内乱』ほか『図書館戦争』シリーズと同じ角川文庫に登場する。角川文庫版は11月公開の映画の最新ビジュアルから、玉森と西内の写真を使ったオリジナル帯で展開される。映画公開に合…

全文を読む

ジャンプ発言で話題! キスマイ宮田俊哉のオタクキャラはネタかガチか?

ジャンプ発言で話題! キスマイ宮田俊哉のオタクキャラはネタかガチか?

『裸の時代』(Kis-My-Ft2/集英社)

 「ジャンプ読まないなら日本から出てけ!」

 人気アイドルグループ、Kis-My-Ft2宮田俊哉が放ったひとことがネット上で注目を集めている。事の発端は、宮田がゲスト出演した、8月5日放送の『ジェネレーション天国』(フジテレビ系列)。この回のテーマは『週刊少年ジャンプ』(集英社)で、宮田は「オレをアニオタにしたのは(『遊☆戯☆王』の)ブラック・マジシャン・ガール」「僕は『HUNTER×HUNTER』を読むために生まれてきた!」と熱すぎるマンガ愛を告白。宮田の熱量に引き気味のタレントのJOYに対して冒頭のセリフで叱責するほどの気合の入りようだった。

 Kis-My-Ft2のファンの間では、宮田のアニメ・マンガに対するオタクぶりは知られているが、番組を通して宮田を知った人にとっては衝撃的だったようで、ネット上では「宮田くんがガチオタっぽくて、好感度は急上昇」という声、「キャラじゃね?」などと皮肉る声も上がっている。

 宮田のオタクぶりはキャラなのか? Kis-My-Ft2のメンバーそれぞれが、ジャニーズJr.から…

全文を読む

「玉森裕太」のおすすめ記事をもっと見る

「玉森裕太」の関連画像・写真

「玉森裕太」の関連画像・写真をもっと見る