読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「松下幸之助」のレビュー・書評

3年後「成功する人」と「しない人」の“週休2日の過ごし方”の違いとは? 【松下幸之助に学ぶ「ワークライフバランス」の本質】

3年後「成功する人」と「しない人」の“週休2日の過ごし方”の違いとは? 【松下幸之助に学ぶ「ワークライフバランス」の本質】

『超訳より超実践 「紙1枚!」松下幸之助』(浅田すぐる/PHP研究所)  テレビなどの報道によれば、今年の新入社員のキーワードは「仕事とプライベートはきっちり分ける」だそう。  ここ数年、「働き方改革」という時勢から、新入社員に限らず、いかに「ワークライフバランス」を整えてプライベートを充実させていくか。そんな価値観を重視するビジネスパーソンが、より一層増えてきているようだ。  しかし、本当にこうした仕事観は「本質的な働き方」といえるのか?「仕事…

もっと見る

「成功する人」はネガティブ? スティーブ・ジョブズも松下幸之助もイチローも心配性だった!

「成功する人」はネガティブ?  スティーブ・ジョブズも松下幸之助もイチローも心配性だった!

『成功する人は心配性』(菅原道仁/かんき出版) 「成功する人はポジティブな人」というイメージを持っていないだろうか? 実は、松下幸之助、スティーブ・ジョブズ、イチローも心配性だったという。「不安」を「行動力」に変えて、結果を手に入れるためのテクニックを教えてくれる『成功する人は心配性』(菅原道仁/かんき出版)。  著者の菅原道仁氏は、人生の目標を達成するための医療を目指す脳外科医である。心配性をネガティブな性格だと捉えている人は、人生損…

もっと見る

部下を持つ方すべてに、リーダーシップの基本が学べる松下幸之助の1冊

部下を持つ方すべてに、リーダーシップの基本が学べる松下幸之助の1冊

この春昇進や異動し、新しい部下をもった方も多いのではないでしょうか? たった一人の部下でも、部下は部下。上司としてはリーダーシップがすべての場面で必要になってきます。部下が一人でも十人でも、リーダーシップのスキルやノウハウはかわらないはずです。上司として部下をどう育てるか、どうすれば働いてくれるか悩んでいる方もたくさんいるはずです。 この本には、リーダーシップの原理原則が書いてあり基礎を勉強できます。Yoko-sanがこの本でそうだなあと共感したのは「見識を持つ…

もっと見る

今の日本にはリーダーが足りない! 松下幸之助が語るリーダーがここにあります

今の日本にはリーダーが足りない! 松下幸之助が語るリーダーがここにあります

『成功の条件は頭のよさでも勤勉さでもない、その条件とは「運」と「愛嬌」、そしてそのうえでの賢さ、勤勉さなどの能力』といい、自分自身を「自分は運が強い」といっていた松下幸之助。    もし今生きていたなら、この日本の状況をどう考えるでしょうか?若いころの貧乏を苦とせず、成長のこやしにした松下幸之助であれば、この試練も飛躍の糧としたかもしれません。   楽天の三木谷さんは阪神大震災を経験して「人間いつかは死ぬんだな。それならば」ということで、エリートである日…

もっと見る

経営の神様・松下幸之助氏による珠玉の人生指南書。いつでもどこでも、悩める時に読み返したい

経営の神様・松下幸之助氏による珠玉の人生指南書。いつでもどこでも、悩める時に読み返したい

起業家や経営者の本を読むのが大好きな私。    読んだ後はすっかり彼らの生きざまに感化されてモチベーションも大幅アップ!するものの、そもそも無精者なもんですから、結局は実行が伴わずダラダラと過ごしてしまい、そのうちモチベーションも平常値に・・・。 この「道をひらく」の著者である松下幸之助氏は、みなさんよくご存知だと思いますが、丁稚奉公からパナソニックを一代で築き上げた、日本を代表する偉大な経営者。そしてこの本は、彼自身の人生経験によって培われた人生教訓や…

もっと見る