読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「新海誠」のレビュー・書評

新海誠の新境地がここに!『小説 天気の子』が描き出す、“大人になること”と見えない明日への希望

新海誠の新境地がここに!『小説 天気の子』が描き出す、“大人になること”と見えない明日への希望

『小説 天気の子』(新海 誠/KADOKAWA)  言葉と映像の両方が溢れだしている人の頭の中って、どんなふうになっているんだろう。と、『小説 天気の子』(新海 誠/KADOKAWA)を読んで考えた。新海誠さんは、切り取られた一瞬の美に言葉などいらないことを知っている。だけど同時に、比喩を尽くして語ることで見えないはずの情景を読む者に届けることができることも知っている。そのうえで、どちらも実現させることができる。それって、ものすごいことじゃないだろうか。…

もっと見る

映画『天気の子』公開! 新海誠の原点とも言える作品『彼女と彼女の猫』を振り返る

映画『天気の子』公開! 新海誠の原点とも言える作品『彼女と彼女の猫』を振り返る

『彼女と彼女の猫』(新海誠:原作、永川成基:著/カンゼン) 2019年7月19日(金)、新海誠監督の劇場最新作『天気の子』が公開された。前作『君の名は。』では緻密な映像表現や疾走感のあるストーリー展開で多くの人を魅了したが、今回はどんな世界を見せてくれるのだろうか。ここで映画『天気の子』をより深く理解するため、監督の原点とも言える1つの作品をご紹介したい。  1999年、新海監督は個人でモノクロアニメーション『彼女と彼女の猫』を制作。同作は様々なメディアミックスに恵まれ…

もっと見る

「私、僕、俺」は英語でどう使い分ける?『君の名は。』が最強の英会話教材になる理由

「私、僕、俺」は英語でどう使い分ける?『君の名は。』が最強の英会話教材になる理由

『バイリンガル版 君の名は。』(KADOKAWA) 「単純に、自分の好きな作品に登場するセリフたちから英語を学べるという、語学習得には欠かせない“楽しむことで続けられる”という大切な部分を満たしつつ、なおかつ日々の暮らしの中で本当に使える言い回しを数多く身に付けられるという点でも、『君の名は。』は他のバイリンガルコミックとはまた一線を画す教材だと思います」  そう語るのは英語Twitterで人気No.1の「今日のタメ口英語」を運営するKazumaさん。…

もっと見る

宮崎駿の次にアニメ界を牽引するのは『君の名は。』の新海誠監督? それとも…

宮崎駿の次にアニメ界を牽引するのは『君の名は。』の新海誠監督? それとも…

『「ポスト宮崎駿」論 日本アニメの天才たち(新潮新書)』(長山靖生/新潮社)  2017年は日本アニメ公開から100年となるアニバーサリーイヤーだった。その100年の中でも日本のアニメを世界に轟かせ、評価を受けた人物といえば、スタジオジブリの宮崎駿であることは間違いない。そんなアニメ界を牽引してきた宮崎駿も今年で77歳。度々引退を宣言し、その都度カムバックを果たしているが、いつ本当に引退するかわからない。  そんな中、アニメファンの間で議論されるのが「…

もっと見る

『君の名は。』『この世界の片隅に』『聾の形』が描くアニメーションと世界の現在地

『君の名は。』『この世界の片隅に』『聾の形』が描くアニメーションと世界の現在地

『21世紀のアニメーションがわかる本』(土居伸彰/フィルムアート社)  2016年は長編アニメーション映画の豊作の年だった。大ヒットした『君の名は。』をはじめとして、『この世界の片隅に』『聾の形』といった良作が立て続けに公開され、いずれも高い評価を得た。そして、これら3作品は単に優れたアニメーションというだけではない。21世紀に入って世界中のクリエイターたちが試みてきた手法と共鳴しながら、時代を映す鏡のような存在にもなったのだ。 『21世紀のアニメーシ…

もっと見る

「生きにくいな」という気持ちを代弁してくれる名作

「生きにくいな」という気持ちを代弁してくれる名作

2007年春。 早朝から渋谷に出かけて、本作の映画を(映画が先で、小説は監督本人によるノベライズなのです)みたときのことは、たぶんずっと忘れられないんだな、と再確認したよ。 劇場映画のコマーシャルで多いのが、「感動しました」とか「全米が震撼しました」とか。そんなヤツですよね。 この作品に初めて触れたときの感想は、「動揺しました」です。「おまえの人生、こんな感じだろ?」と、見透かされたような気がしたからかな。でもそれは、多くの観客に当てはまっていたようですな。…

もっと見る