読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

豊川悦司

職業・肩書き
作家、タレント・その他
ふりがな
とよかわ・えつし

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1962年、大阪府生まれ。映画『Love Letter』やTVドラマ『愛していると言ってくれ』で注目を集める。『八つ墓村』『命』『今度は愛妻家』『必死剣 鳥刺し』など多くの映画に出演し、数々の映画賞を受賞。『プラチナデータ』『春を背負って』などに出演。

「豊川悦司」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「海江田先生に抱かれたい!」こじるり、鈴木奈々、ニッチェが『娚の一生』にどハマリ!

「海江田先生に抱かれたい!」こじるり、鈴木奈々、ニッチェが『娚の一生』にどハマリ!

(C)2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会

 榮倉奈々、豊川悦司をダブル主演に迎え、向井理、安藤サクラなど豪華キャストが出演する映画「娚(おとこ)の一生」が2月14日(土)に公開される。

 映画の公開に先駆けてTBSとWOWOWにて特番の放送が決定した。その特番に出演した、小島瑠璃子、お笑い芸人のニッチェの2人、鈴木奈々から、「豊川悦司さん演じる海江田教授」にどハマリした感想コメントが到着した。4人とも原作の大ファンということで、熱のこもったコメントになっている。 小島瑠璃子  かっこいい年上男性は、包容力と落ち着きがある。マコトがいなくなった時に、海江田がバタバタと探しに行く後ろ姿は、普段のクールな姿とギャップがあり、萌えました! 江上敬子(ニッチェ)  足キスのシーンは若い男がやっても様にならない!あの年代のイケメンがするのがゾクゾクするー!キスされた時の榮倉さんの顏もイイ!! 近藤くみこ(ニッチェ)  余裕の中に垣間見る可愛らしさが、かっこいい年上男性の条件!やはり足キスにグッときました。急に関係性が生々しくなる、大人の恋だと思いま…

全文を読む

映画『娚の一生』公開記念 榮倉奈々×豊川悦司対談

映画『娚の一生』公開記念 榮倉奈々×豊川悦司対談

『娚の一生』(西炯子/小学館)

 人気マンガ『娚の一生』が待望の映画化! 「この先ひとりだと思ってた」大人同士のラブストーリー。 孤独を身の内に引き受け、凛として生きる一匹狼的な大人の女性がつかんだ大事な人への想いとは̶̶。 主演のお二人に、大人だからこその美しい生き方とその恋愛を語っていただいた。

――主人公の堂薗(どうぞの)つぐみは榮倉さんの実年齢より少し上の設定ですが、榮倉さんは凛とした大人の女性をとても美しく演じておられました。豊川さんもわざわざ髪をロマンスグレーに染められ、眼鏡や小物などにも積極的にアイデアを出されたとうかがいました。原作者の西炯子さんも「海江田(かいえだ)の1/1フィギュア」と絶賛されています。お二人とも原作のイメージにぴったりで、さらに映画ならではの色っぽい大人の男女像を作り込んでおられましたね。

【榮倉】 原作のマンガは以前から拝読していて大好きな作品だったので、つぐみ役のオファーをいただいて本当に嬉しかったです。原作のファンの皆さんのイメージを壊さないように、という思いはもちろんありましたが、映画ではそれにとらわれすぎ…

全文を読む

注目の新刊 『豊川悦司 蜷川実花』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

注目の新刊 『豊川悦司 蜷川実花』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

トヨエツ初の写真集を、蜷川が独自の色彩感覚で濃厚に撮り尽くした。新幹線に乗り込み、彼の故郷・大阪の新世界を巡り、そしてホテルへ……。リラックスしたプライベートな表情や、神秘的でセクシーなショットなど、ファン垂涎の「素顔のトヨエツ」の魅力に陶酔。

全文を読む

「豊川悦司」のおすすめ記事をもっと見る

「豊川悦司」の本・小説

愛することを恐れるべきでない私、愛されていることに気づくべき私

愛することを恐れるべきでない私、愛されていることに気づくべき私

作家
豊川悦司
出版社
マガジンハウス
発売日
2003-09-18
ISBN
9784838714643
作品情報を見る

「豊川悦司」人気の作品ランキングをもっと見る

「豊川悦司」の関連画像・写真

「豊川悦司」の関連画像・写真をもっと見る