読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「武田綾乃」のレビュー・書評

映画『バブル』ノベライズ版を武田綾乃が担当! 重力が壊れた東京を舞台に繰り広げられるラブストーリーの感動再び!

映画『バブル』ノベライズ版を武田綾乃が担当! 重力が壊れた東京を舞台に繰り広げられるラブストーリーの感動再び!

世界を一瞬で変えてしまうような出会いがある。初めて世界を知り、本当の自分を知る。そんな劇的な出会いを描き出すラブストーリーが、2022年5月に劇場公開された『バブル』だ。監督はアニメ『進撃の巨人』などで知られる荒木哲郎氏、脚本はアニメ『魔法少女…

もっと見る

朗読好きの主人公が誘われたのは「放送部」!?『響け! ユーフォニアム』の武田綾乃氏が原作を手掛ける、新たな「部活」もの

朗読好きの主人公が誘われたのは「放送部」!?『響け! ユーフォニアム』の武田綾乃氏が原作を手掛ける、新たな「部活」もの

読者諸氏の多くは、小中高の学生時代、何らかの「部活動」に所属していたのではないだろうか。野球部やサッカー部などスポーツ系はよく漫画などの題材になっているが、最近はより多彩な部活が題材になっている。たとえば高校の吹奏楽部の活動を描き、アニメ…

もっと見る

突然大切な人が消えたとしたら…〈if〉の世界を描く青春恋愛ファンタジー『世界が青くなったら』

突然大切な人が消えたとしたら…〈if〉の世界を描く青春恋愛ファンタジー『世界が青くなったら』

もし、朝目覚めた時、大切な人がこの世界から消えていたらどうしよう。何の痕跡も残さず、大切な人が消えたとしたら、あなたならどうするだろうか。 『世界が青くなったら』(武田綾乃/文藝春秋)は、そんな最悪の事態に見舞われた女子大生を巡る青春恋愛フ…

もっと見る

愛されなくても生きてていいですか? 親のために働きつづける女子大生が背負う「親子愛」という「呪い」

愛されなくても生きてていいですか? 親のために働きつづける女子大生が背負う「親子愛」という「呪い」

愛されること。それは世の中に数多くある“こうあるべき”という価値観のうち、ひと際逃れがたい「呪い」である。家族やパートナー、友人に愛されることは、まるでそれ自体が人間の価値を決めるかのように語られる。SNSを見れば、自分が「愛されている」ことで…

もっと見る