曲がったことが許せない人情物語――夏目漱石『坊っちゃん』

文芸・カルチャー

2018/9/3

『坊っちゃん (新潮文庫)』(夏目漱石/新潮社)  親譲りの無鉄砲で子供の頃から乱暴ばかりしている少年「坊っちゃん」は、両親と兄から疎まれていた。母親が亡くなったとき、お母さんが死んだのはお前のせいだと兄から責められる。しかし下女の清だけは、彼の曲がったことを許さない性格を気に入り可愛がってくれていた。  父親と死別... 続きを読む