注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
58件

部下の記事一覧

「上司に言われてどっと疲れが出る一言」。言った上司に自覚はあるのか?

 養命酒製造株式会社が、「東京で働くビジネスパーソンの疲れの実態」というテーマでおこなった調査の中で、上司の一言で疲れが倍増したと感じた経験…

「命令」されるとやる気を失う…命令を「相談」「依頼」に変えるひと手間が大切

 ある会社の社員が「いつも命令されるばかりで、仕事のやる気が出ない」と言います。上司があまり部下の話を聞かない人だそうで、説明がないまま一方…

だからあの部下は仕事ができない…成長できないサラリーマン、5つの共通点

 成長できないサラリーマンに共通することがあります。それは、客観的な自己分析、及び自分を取り巻く環境分析ができないことです。一言でいうと、“…

元米国国務長官コリン・パウエルの「最強のビジネス書」がついに文庫化! 伊坂幸太郎も魅了されたその内容とは?

『リーダーを目指す人の心得』(コリン・パウエル、トニー・コルツ:井口耕二:訳/飛鳥新社)  「最強のビジネス書」として全世界で大きな話題を呼…

「生産性を上げる」ではなく「生産性を下げる仕事をやめる」

 ある人材育成支援会社が、若手正社員を対象に労働時間の実態を調査したところ、働き方の自由度が高く、時間ではなく成果で評価される人であっても、…

部下のやる気をUPさせる、勝海舟の言葉とは?―20代で知っておくべき歴史

『20代で知っておくべき「歴史の使い方」を教えよう。』(千田琢哉/学研) 「歴史の勉強は人生の予習である」――『20代で知っておくべき「歴史…

ボヤキも意図があってのこと。組織に役立つノムさんの言葉。 「叱っていい人」と「そうでない人」の差は?

『一流のリーダーになる 野村の言葉』(新星出版社)  日本で国民的スポーツとして人気を博してきた野球。「トップバッターは誰だ?」「代打を頼む…

よかれと思っても逆効果! あなたの注意が部下や子どもに響かない理由

 この時期、新しい部下の指導で悩んでいる人もいらっしゃると思います。注意したのにどうして行動を改めないのか……。そんな経験がある場合、部下を…

“つかみどころのない”部下への指導はどうしたらいいの?

『一流のリーダーがやっている部下のやる気に火をつける33の方法』(佐藤綾子/日経BP社)  部下の育成・指導の悩みを解決する特効薬「パフォー…

無駄な会議をなくす、たったひとつのシンプルな方法とは?

   福岡県は「働き方改革」に関する県の取り組みとして、会議削減など県庁内の業務の無駄を減らすことで、職員の長時間勤務の解消を図る…

「あれ、どうなってる?」… 日本ならではの「察し」コミュニケーションの弊害

 ADHDの方が「与えられる情報が少ないと混乱してしまう」ということを発信し、共感コメントが集まり話題になっています。  「あれ、どうなって…

部下の「やる気偽装問題」にうまく向き合う方法とは?

 職場で「手抜き」をする部下とうまく付き合う方法を紹介した『あなたの部下は、なぜ「やる気」のあるふりをするのか 組織のための「手抜き」のトリ…

無抵抗な“サンドバッグ”になってない? ツライ人間関係から逃れるには!?

『賢く「言い返す」技術』(片田珠美/三笠書房)  就職、異動、転職などで、働く環境がガラリと変わった人も多いはず。相変わらず、イヤミな上司や…

キーワードは“お風呂の栓”! 元海上保安庁の女性による「本当に大切なもの」を忘れずに仕事の成果を上げる方法

『女子の働き方』(永田潤子/文響社) 「上司と合わず、会社に行くのが辛い」 「仕事をしていても楽しくないし、やる気が出ない。自分にはこの仕事…

「今度飲みに行きましょう」の正しく美しい使い方

 お気づきの方も多いかと存じますが、ビジネスシーンでよく使われる「今度飲みに行きましょう」には、あらゆる種類の大人の美徳が凝縮されています。…

できる上司はみんな質問上手!? 上司と部下の関係が劇的に改善する「質問型コミュニケーション」

『仕事を円滑に進めるには、まず上司から部下に質問しなさい 最高の結果を引き出す「質問型コミュニケーション」』(青木毅/カンゼン)  上司と部…

死ぬ気がないのに“うっかり自殺”しようとした……。ツイッターで話題の過労死マンガ『「死ぬくらいなら仕事辞めれば」ができない理由』

『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)』(汐街コナ:著、ゆうきゆう:監修・執筆協力/あさ出版)  いわゆるブラック企業で働き…

日本で能力主義が浸透しない理由とは? 『タテ社会の人間関係』でスッキリわかる日本社会のカラクリ

 社会のグローバル化や不景気の影響により、年功序列、終身雇用といった日本独特の平等主義から、欧米型の能力主義、成果主義へと変革をめざす企業は…

仕事が遅いのは“思いつき”タイプと○○タイプ! 外資系プロジェクトマネージャーが選ぶ、仕事が遅い自分を変える5冊!

日本IBM・木部智之さん  本を読む時間がない日々忙しい人のために、ロングセラー、ベストセラー、話題の本etc…ダ・ヴィンチニュース独自の視…

1週間で一番集中できるのは「◯曜日の午前中」 早く帰るために3時間分のムダをなくす方法とは?

『早く帰りたい! 仕事術 ~3時間分のムダがなくなる30のコツ~』(藤井美保代/日本能率協会マネジメントセンター)  気づけば20時!? 結…

もう限界! 仕事を抱えすぎる人が知るべき、任せ方の極意

『人もチームもすぐ動く ANAの教え方』(KADOKAWA)  企業にとって、春は新入社員を迎える季節だ。それはひとえに、ついこの間まで先輩…

現場作業を見下すマネージャーが中小企業に転職してみると…

 数年前のことですが、以前に何度かお会いしたことがある、まずまず大きな会社のマネージャーだった人から転職したという案内をもらいました。転職先…

「でも」の代わりに「◯◯」を使う“思考グセ”で人生が変わる!? スタンフォード大学超人気講座「dスクール」の内容とは?

『スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣』(バーナード・ロス:著、庭田よう子:訳/講談社)  いよいよ始まった201…

嫌だけど避けられない相手は、したたかに利用する!ヒントは華僑の処世バイブル「中国古典」にあり

 人の悩みも幸せも、その大半は人間関係に起結すると言われます。だからこそ何よりも「人間に向き合う」ことが重要だと考え、「人間を知る」ことを極…

自分の出世のために、次々に部下をつぶしていく「クラッシャー上司」の実態

『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』(松崎一葉/PHP研究所)  医学博士である松崎一葉が、相手の心を攻撃する「クラッシャー上…

日々の仕事に打ち込むだけでは、昇進できない。管理職に選ばれる人は「ここ」が評価されている!!

『上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣』(中尾ゆうすけ/すばる舎)  昨今の企業において、年功序列で昇進・昇給する時代は既に終わりを告…

「殺し文句」はビジネスの武器! スティーブ・ジョブズが、格上の会社から役員を引き抜く際に放った言葉とは?

『ザ・殺し文句』(川上徹也/新潮社)  読者諸氏は「説得」に自信があるだろうか。私はまったく自信がない。どうすれば相手が納得してくれるか、考…

「至急やってくれ!」何と言い換える? できる人が絶対やらない部下の動かし方

『できる人が絶対やらない部下の動かし方』(武田和久/日本実業出版社)  「部下育成」で絶大な信頼と支持を集めるセミナー講師が、そのノウハウを…

コネや有力な血縁がなくても出世しまくった「島耕作の仕事論」とは?

『島耕作も、楽じゃない。仕事・人生・経営論』(弘兼憲史/光文社)  日本一有名な課長であろう漫画『課長 島耕作』(弘兼憲史/講談社)の主人公…

「君、何か一発芸やってみてよ」 飲み会で上司から無茶振りされたら…? いまさら聞けない仕事での些細な疑問を解決!

『1万人に聞く! 仕事・職場の「みんなはどうしてる?」大会議』(監修:マイナビ学生の窓口フレッシャーズ/ディスカヴァー・トゥエンティワン) …

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ