KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

そして、海の泡になる (朝日文庫)

そして、海の泡になる (朝日文庫)

そして、海の泡になる (朝日文庫)

作家
葉真中顕
出版社
朝日新聞出版
発売日
2023-12-07
ISBN
9784022651327
amazonで購入する Kindle版を購入する

そして、海の泡になる (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chantal(シャンタール)

昭和8年、和歌山の貧しい漁村に生まれたハルは戦後からバブルまで時流に乗って時代の寵児となり、その後バブル崩壊と共に詐欺や殺人などの罪で服役するまでの一代記。周辺の人々の証言から成るお話で、その時代時代の様子が語られるのがまた面白い。この作家さんはこうした社会の歪みとか問題点を抉るのが本当に上手だと思う。辛い経験を糧に男を上手く利用し、自分の生きたいように生きたハルがかっこ良いのよね。自由にワガママに生きるにはお金が全て。それは真実だよなあ。良い悪いは別にして。モデルがいたらしいので、そっちも調べてみたい。

2023/12/16

ぴ〜る

いつも社会問題などスパッと切り付けてくる葉真中顕さんの作品。読み終えてみて自分の感情がどこに着地すればいいのか宙ぶらりんのような気持ちになった。けれど、芹沢央さんの解説を読んで何かがストンと心に落ちた。

2024/02/03

lily

「北浜の魔女」と称された朝比奈ハルを小説にしようと考えた「私」が、関係者へのインタビューを通じて彼女の人物像に迫る証言小説。「ガマガエルのお告げ」によって巨額の株式投資に成功した尾上縫(この人自体初耳だった…)をモデルにした作品だが、彼女の波乱万丈な伝記として、インタビュアーが誰かという点から真相に迫るミステリーとして、また信仰・貧困・LGBTなどインタビュイーの背景にある社会派小説としてなど様々な側面から楽しめる贅沢な一冊となっている。葉真中顕にハズレなし。

2023/12/19

JKD

幸せは欲望を押さえ込んでまで手に入れるものではない。我慢せずワガママに好きに生きることが幸せ。かつて北浜の魔女と言われた朝比奈ハルの人生が数奇なもので、幸せを追い求めていたことはぼんやり理解できたが、殺人の動機とかインタビュアーの意図がいまいち読み取れず時間を要した。読後に芹沢さんの解説読んで本書の意図がようやくわかった。でもまだぼんやりしている。

2024/02/14

のじ

バブルの時代に「北浜の魔女」と言われたが人をあやめて刑務所に入った女性について何人かの人たちが語る、という形式。実在のモデルがいるらしいけれど私は知らない。なんとなく私も金利が高くてすごい、という時代は覚えているけれど、あまりバブルの恩恵を受けた記憶はなく、当時もお金がある人はある、という時代だったのかもしれなくて、今の時代につながるものがある気がした。華やかな時代に自分の生き方を通そうとした話だけれど、なんだか物語のトーンは暗い。実際バブルに踊った人たちはどうだったんだろう。

2024/01/24

感想・レビューをもっと見る