読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

作家
田中圭一
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-01-19
ISBN
9784041037089
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

著者自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちをレポート。うつ病について実体験から知識を学べ、かつ悩みを分かち合い勇気付けられる、画期的なドキュメンタリーコミック!(フルカラーバージョン)

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」の関連記事

私もこうして“うつ”をぬけました――ココリコ・田中直樹主演で『うつヌケ』連続ドラマ化に反響続出!

 田中圭一のコミック『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』が連続ドラマ化され、2018年秋の配信が決定。この発表に原作ファンからは、「ついにドラマ化キター!」「絶妙なキャスティング!」と大きな反響が巻き起こっている。

 同作は田中自身の実体験をベースに、「うつ病」からの脱出に成功した人々を漫画化。他人事にできない身近なテーマが軽妙なタッチで描かれ、累計発行部数33万部突破を記録するなど多くの共感を呼んできた。

 ドラマではサラリーマンや専業主婦など、様々なバックグラウンドを持つ登場人物の“うつヌケ“成功体験を1話完結型で再現。うつから抜け出すまでの体験をレポートする「田中圭一」役にココリコ・田中直樹、うつについて学ぶアシスタントのカネコ役に大後寿々花をキャスティング。愛嬌たっぷりのキャラクター“うつくん”も登場するという。

 主演を務める田中は、「こうじゃなきゃいけない。ああじゃなきゃいけない。とあまり決め過ぎない様に生きようと僕は思いました。このドラマから僕はそんなヒントを頂きました」とコメント。原作者・田中圭一もイラストを添えつつ、「このドラマ…

2018/5/28

全文を読む

過去最大ヒットの出発点は「うつ経験の編集者との出会い」『うつヌケ』田中圭一インタビュー

今年1月に発売され33万部を超える大ヒットとなった田中圭一さんの『うつヌケ』。マンガとして面白いのはもちろん、極めて社会的反響の大きかった作品だ。  

田中圭一 たなか・けいいち●1962年、大阪府生まれ。84年にデビューし、『ドクター秩父山』で人気を集める。代表作は『田中圭一最低漫画全集 神罰1・1』『田中圭一の「ペンと箸」〜漫画家の好物〜』など。現在、WEBサイト「電ファミニコゲーマー」で『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』を連載中。   うつの方の役に立ちたい 未来を見据える転換点

今年1月に発売され33万部を超える大ヒットとなった田中圭一さんの『うつヌケ』。マンガとして面白いのはもちろん、極めて社会的反響の大きかった作品だ。 「僕自身、10年近くうつに苦しみました。取材させていただいた皆さんにも僕にも、うつの方の力になりたいという強い気持ちがありました。これは〝うつの治し方〟の本ではないんです。うつは原因にも症状にも様々なケースがあり、脱出の方法もそれぞれ。うつってこういうものなんだ、と少しでも理解を広められれば…

2017/12/21

全文を読む

関連記事をもっと見る