読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法

ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法

ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法

作家
落合陽一
猪瀬直樹
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-31
ISBN
9784041071861
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法」のおすすめレビュー

落合陽一×猪瀬直樹が語る“オリンピック後”の日本とは? 失われた平成の30年間に学ぶ

『ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法』(落合陽一・猪瀬直樹/KADOKAWA)

「オリンピックが決まった2013年からの4年間、我々の未来は2020年で止まってしまった」(@ochyai 2017年4月5日)

 この“止まってしまった”という感覚は、多くの人が理解できるのではないだろうか。筆者も家族や友人と「日本のこれから」という話題になったとき、「とりあえずオリンピックまでは景気は良いよね?」で終わってしまい、その先の具体的な未来が描けない。なんとなく「このままじゃヤバい」という意識はあっても、せいぜい「こういう仕事がなくなる」「年金はたぶんもらえない」という程度のことしか言えない…。本書『ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法』(落合陽一・猪瀬直樹/KADOKAWA)の著者のひとり・落合陽一氏は、人々が自分の日常を構成する社会に対して、その仕組みや歴史を積極的に学ぼうとしなくなった、と語る。これは、自分のことで頭がいっぱいな筆者には耳の痛い話だった。

 本書は、メディアアーティストとして活躍…

2018/11/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

planetmbit

2050年は約64歳。流石にそこだとまだリアリティ無いですが、2030年の44歳であればもう迫っている感覚になるにも関わらず、本書ので言う通り、そこを見据えている動いている/準備し始めている人は少ないのかも。。子どもが大きくなる頃にはよりポジティブに生きられる国になると良いなと自分に出来ることは初めてみる所存です。

2019/11/16

アベシ

落合陽一と猪瀬直樹が二人のディスカッションで感じたことを交互にまとめている。あらためて、作家、猪瀬直樹の思索の深さを感じる一冊でした。革命期とも言える現代だが、いまだに近代の超克に足踏みしている。これは政治家のせいなのか、平和の代償なのか。日本語を正しく理解し使えることが、想像力の基盤になることは、言われている通りでしょう。10年後どんな社会に生きているのか想像もつかないけれど、もっともっと人間に優しい社会になっていてほしいと考えました。

2019/07/13

ミライ

メディアアーティストの落合陽一氏と、前東京都知事の猪瀬直樹氏の共著で、2020年東京オリンピック以降の日本のビジョンを示した作品。「テクノロジー」「日本風景論」「統治構造」「歴史認識」4視点から過去の日本と未来の日本の展望が語られる。タイトルだけみると一見とっつきにくいが、日本の風景論をドラえもんで例えたり、テクノロジーの部分では近年話題のAIやブロックチェーンの話も出てきたり、数字がでてくる部分もグラフなどのわかりやすい図表があったりと非常に読み易い。

2018/11/04

すたんど

【1回目】東京オリンピックの開催のついては私とは意見が異なるものの、いまを「危機の時代」と認識しながらも、そこから敢えてビジョンと希望とを紡ぎ出そうとしている姿勢には強く共感を覚える。ここでもやはり、猪瀬が「言葉の力」を信頼し、それを獲得していくことこそが肝要であると言っている点は特筆してもよいことだと思う。落合の本は、もっと読んでみたい。

2019/05/11

spicegirl♂30コーセンマン

2021年は言語化する能力、論理力、リスクをとる力、専門性!があると良いとのこと。12の基礎力やメモの魔力に書いてる内容と一致すると驚く。落合さんの英語に関しての意見は前々から一貫してる。英語に労力がかかりそうなら日本語の論理力を磨こう!例えば主語を省かず、短くわかりやすい言葉を使うなど。僕が生き抜くための方針もこの路線で行こう。英語は読書みたいな趣味として楽しもう。別で見た林修先生の初耳学にて、AI vs教科書..からの引用で、AIには読解力がない。読解力が人に必要な力だ。と話していたことを思い出す。

2019/01/11

感想・レビューをもっと見る