読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

みかんとひよどり

みかんとひよどり

みかんとひよどり

作家
近藤史恵
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-02-27
ISBN
9784041075456
amazonで購入する Kindle版を購入する

「みかんとひよどり」のおすすめレビュー

「ぼくたちは、殺した命に責任がある」――ジビエを通じて描かれる、人間の営みと大人の成長物語『みかんとひよどり』

『みかんとひよどり』(近藤史恵/KADOKAWA)

 昨日の夕飯に、なにを食べたか思い出してみてほしい。肉だろうか? 魚、それとも野菜? パンや米飯だけ? おそらくほとんどの人が、なんらかの形で動植物を口にしたことだろう。よっぽどケミカルなものしか口にしていないという人以外、あなたは昨夜、生きものを殺したのだ。あなたが食べるために──今日を、生きるために。

 そんなことを実感しやすいのも、ジビエの味わいのひとつだと言える。『みかんとひよどり』(近藤史恵/KADOKAWA)の主人公・潮田も、その味わい深さに魅入られた人間のひとりだ。

 潮田が料理の道を志したきっかけは、祖母に連れられて行ったフレンチレストランで、あまりのおいしさに感動したことだった。だが潮田は、渡仏して、料理学校などで優秀な成績を修めたにもかかわらず、帰国してからは店を3軒も潰している。祖母こそ健在だが、両親はすでに亡く、35歳にして妻も子供も、恋人もいない。相棒と言えるのは、猟犬として育てようともらい受けたイングリッシュポインターのピリカだけだ。

 なにもかもうまくいかない負の連鎖の中…

2019/3/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

みかんとひよどり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hiro

多くある飲食店が舞台の小説の一冊だが、料理人とお客との関係が描かれるのではなく、フレンチレストランの雇われシェフ潮田、山で遭難しかけた潮田を助けた猟師大高の二人に、二人がそれぞれ飼っている二匹の犬が中心に進む物語。その中で起こる事件から、“命をいただく”ということの意味を改めて考えさせられる作品だった。そして最後に近藤さん『みかんとひよどり』という題名に込められた意味も見えてくる。男性二人のキラと対照的なオーナー澤山と店員若葉の女性二人のキラが光っていた。一度本格的なジビエ料理に挑戦してみたいと思った。

2019/04/06

旅するランナー

京都洛北のフレンチレストランシェフと猟師の間に生まれる、さっぱりとした男の友情。全く馴染みのない狩猟の世界。そのプラス面・マイナス面がバランスよく語られ、好感が持てます。軽めのミステリーを楽しみながら、ジビエ料理の驚きと情熱の味がもたらす感動を述べたくなるし、犬の背中をがしがしと撫でたくなります。

2020/04/06

のぶ

とても面白くて、夢中になってあっという間に読み切った。小説としての楽しさにビストロ・パ・マルのシリーズの要素が加わっていて、良く出来た作品だった。レストランのオーナーである潮田は、始めたばかりの猟で遭難してしまった。そんな状況で無愛想な猟師の大高に助けられる。大高の仕留めた獲物を見て、ジビエ料理を出したいと思い立つ。大高の仕留めた獲物を店で出せるよう交渉するが最初は断られる。交渉を続けるうちに交流が芽生えてくる。この人間ドラマも良いし、作中で描かれるジビエ料理が魅力的で食欲をそそられる。お薦めです。

2019/03/13

なゆ

ジビエ料理、害獣駆除、そして野生の生命をいただくこと。なかなかの読み応え。フレンチの雇われシェフ潮田の、理想のジビエを追い求める奮闘。頑固だが腕のいい害獣駆除ハンター大高と共に行動したりするうちに…。ハンター事情、解体事情、害獣処理事情と、いろいろあるのだな。オーナーがかなり魅力的キャラ。いやしかしさすが近藤さん、手の込んだ美味しそうなジビエがいろいろ。余すとこなく、美味しく食べるって大事。ジビエ料理は苦手なほうだけど、もしかしたら本当に美味しいジビエに出会えてないだけかも、とか思ってしまう。

2019/03/20

シナモン

図書館本。ジビエと狩猟を通して雇われシェフ潮田と無愛想な猟師大高の成長を描く。人生を複雑にしたくないという大高と自分のレストランでは納得いく材料でなくては提供したくないという潮田。男性ならではの淡々とした交流の中で、自分の基本は変えないけど、柔軟に変化していく心の変化と友情が印象的だった。狩猟のシーンはちょっと苦手で目を背けたくなったが、それだけにジビエに限らず、自分が日々食べているものの命に感謝しなくてはという思いを強くした一冊でした。

2020/02/08

感想・レビューをもっと見る