読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

暴虎の牙 下 (角川文庫)

暴虎の牙 下 (角川文庫)

暴虎の牙 下 (角川文庫)

作家
柚月裕子
出版社
KADOKAWA
発売日
2023-01-24
ISBN
9784041127582
amazonで購入する Kindle版を購入する

暴虎の牙 下 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥

下巻も面白くて一気読み。後半は大上から日岡のパート。長い懲役を務めあげた沖は野に放たれた暴虎。「広島で天下を取る」とばかりに暴走する。第一作目は柚月版「仁義なき戦い」であったけれど、こちらは柚月版「明日に向かって撃て」と言う感じだろうか?最後はあれでよかったのかな。面白かったけれど、ちょっとあっさりしすぎている気もする。★★★★

2023/02/01

piro

20年の時を経て沖と対峙する相手は大上から日岡に変わる。かつての大上を彷彿させる様な日岡の成長に「あの秀ちゃんが…」と晶子さんの様な視線で感慨深くなります。暴虎・沖虎彦の歪んだ執念が自らを破滅へと誘う哀しさと恐ろしさ、大上の思いを受け継ぐ様に彼らを追う日岡の熱情、そして予定調和で終わらない結末。サスペンスとしてもミステリーとしてもしっかりと堪能させて頂きました。大上の流儀で沖らを救った優しさの様な思いも、後から沁みてきます。シリーズ完結と書かれていますが、この先の日岡の姿も見てみたいなぁ。

2023/02/04

やま

昭和から平成に移り、日岡さんが登場。沖の暴走が激しくなり最後は呆気ない終わり方でした。日岡にもう少し活躍して欲しかった。

2023/02/02

Nissy

下巻は日岡秀一も登場し、1日で一気読み。暴力シーンは息を止めて読んでしまうほど壮絶ですが、展開が気になって読むのを止められませんでした。自分の日常生活からかけ離れた世界も小説は見せてくれます!これが「孤狼の血」シリーズ完結編とのことなので、ガミさんや日岡にもう会えないと思うと残念です。

2023/02/05

Katsuto Yoshinaga

「わしも生腰(いきごし)よかったけ」「生腰いうんはのう、気持ちの勢いのことよ。生腰足らんやつは舐められる。この世界じゃ生き残れん」と語った大上章吾はなく、全国初の暴排条例が広島県と広島市で施行された平成16年に、沖虎彦は娑婆に舞い戻り、とんでもない暴走を始める。大上の生腰を継承する日岡秀一は、沖の阻止に動く。からりとしているが、濃密な“柚月”版・広島極道クロニクルは、やはり凄い!“ちゃんぎん”とか“もりたか”とか、脇のキャラも立っていた本シリーズだが、これで終わりなのかしら。

2023/02/05

感想・レビューをもっと見る