読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天を衝く(2) (講談社文庫)

天を衝く(2) (講談社文庫)

天を衝く(2) (講談社文庫)

作家
高橋克彦
出版社
講談社
発売日
2004-11-16
ISBN
9784062749169
amazonで購入する Kindle版を購入する

天を衝く(2) (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

レアル

宗家の後継者が立て続けに怪死。それを契機に益々対立を深める南部一族。また一方で天下は秀吉の時代に入り、兵を引き連れ東上と物語は進んできている。怪死後の身内の内紛を描いた前半は、南部を思う気持ちは同じでも、それぞれの立場で考えが異なり様々な思惑で蠢く面白さ。後半はそんな中、一気に物語が動き始めた楽しさを味わえた巻だった。最終巻はとうとう秀吉とあの戦いが始まる!次巻へ。

2018/09/30

kawa

2巻は、政実に立ちはだかる策士・北信愛の暗躍、末弟・康実との確執、東正勝の津軽遠征の迷走、秀吉や正宗との間合い等々、読みどころ多数で、ページを進める手が止まらない。

2020/07/31

きょちょ

この巻も内紛が多いが、後半になって秀吉が北条を攻め、続いて陸奥も統制しようとしてくる。 一族の棟梁は秀吉に恭順を示す。 最終巻で、主人公九戸政実が秀吉と戦うことになるのだろうが、そこに伊達政宗はどうからむのか・・・。 最終巻に大いに期待。 ★★★

2017/04/03

三代目けんこと

最終巻へ。1文字1文字読み逃すことなく、その最期を見届けたい…。

あきあかね

政実の人柄を示す印象的な場面がある。一つは、十万の秀吉軍が総攻めをしかけようとする中、抜け道から妻たちを抜け出させようとする場面。共に逃げようと言う妻に対して、政実はこう言う。 「「馬鹿を申すな」政実は大笑いした。「俺が望んで行なった籠城だ」「私も望んだ籠城にござります」貞子は政実を睨み付けた。「女はむろんのこと、妻子ある兵らもそのときに抜けさせるつもりでいる。そなたが抜けると言えば皆も従おう。そなたの気持ちはありがたいと思うが、皆のためだ」政実は真剣な目をして願った。貞子は無言で政実と目を合わせた。」⇒

2019/04/19

感想・レビューをもっと見る