読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

現代作家アーカイヴ1: 自身の創作活動を語る

現代作家アーカイヴ1: 自身の創作活動を語る

現代作家アーカイヴ1: 自身の創作活動を語る

作家
高橋源一郎
古井由吉
瀬戸内寂聴
平野啓一郎
飯田橋文学会
出版社
東京大学出版会
発売日
2017-11-11
ISBN
9784130830676
amazonで購入する

現代作家アーカイヴ1: 自身の創作活動を語る / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

抹茶モナカ

映像として現代作家へのインタビューを記録しようとの主旨だったものの書籍化。高橋源一郎さんへのインタビューが面白かった。古井由吉さんの話は、ちょっと難解。瀬戸内寂聴さんはテレビで話す様子をよく見かけるけど、仕事の全体像を捉えようとの試みは新鮮。読みやすいけど、内容に対しての値段設定が気になる本。

2018/01/14

袖崎いたる

高橋源一郎さんの挫折と葛藤は効く。そして小説家の現象学みたいなのはよかった。

2018/04/04

いのふみ

確かに3冊に限定すると、創作の半生がクリアになる。入門としてもいいだろう。

2018/02/11

tatuki

特に古井由吉の話が面白い。書く時、音律を感じる。高橋源一郎も「音楽が聞こえる」という。音楽に乗っている、スイングしている状態なんだね。気に入った音楽を何回も聴くといいらしい。かの百田氏も音楽が好きらしい。確かそもそも物語は耳で聴いていたからそんな創作プロセスの親和があるのかな。

2018/05/16

のせなーだ

高橋源一郎氏が、書くこと、作品たちについて誠実に語ってくださり好感度また上がりましたわ。 さて「出家」とは?と考えさせられる。なにも知りませんが。。。

2018/03/19

感想・レビューをもっと見る