読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

木曜日のフルット 9 (9) (少年チャンピオン・コミックス)

木曜日のフルット 9 (9) (少年チャンピオン・コミックス)

木曜日のフルット 9 (9) (少年チャンピオン・コミックス)

作家
石黒正数
出版社
秋田書店
発売日
2021-06-08
ISBN
9784253218467
amazonで購入する Kindle版を購入する

木曜日のフルット 9 (9) (少年チャンピオン・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムッネニーク

54冊目『木曜日のフルット 9』(石黒正数 著、2021年6月、秋田書店) 相変わらずゆる〜〜〜いギャグが続く。特別面白い訳ではないのだが、何故か最新刊が出ると買ってしまう不思議な魅力を持つ漫画。 コロナに対する皮肉も少々あるなど、どこかピリッと毒気があるのもこの漫画の魅力。 「お前もいずれわかる! 覚えておけ 自分が38歳になる日を! そしておれの言ってる意味がわかったら反省しろ!」

2021/06/10

星野流人

カラーの巻、カナヅチの巻、クリスマスの巻⑥、バンジーの巻、鯉の巻、勝負の巻、フェイントの巻、鯨井先輩の巻97、などがおもしろかったです

2021/06/10

るぴん

相変わらずゆるいけれど、時々哲学的だったりSF的だったりするのが面白い。今までより鯨井先輩とフルットの絡みが少なかったかな。

2021/06/18

TaHi

フルットはちまちま読むのに良いです!近所の野良ちゃんをみるともしかしてなんて思ったりしてます。

2021/08/15

なめねこ

ふとおもったけど、この漫画の終わりはどんな感じになるんだろう? 今回もゆるーく、楽しませていただきました!

2021/08/13

感想・レビューをもっと見る