読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幸田文 どうぶつ帖

幸田文 どうぶつ帖

幸田文 どうぶつ帖

作家
幸田文
青木玉
出版社
平凡社
発売日
2010-04-10
ISBN
9784582834727
amazonで購入する

幸田文 どうぶつ帖 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こばまり

愛おしくて哀しい、身の回りの動物についてのエッセイと短編小説。名人の舞踊を観るような、上質のお出汁を飲むような、しんとした気持ちになります。手元に置いておきたくなる美しい装丁。

2014/07/20

ちゃちゃ

とっても美しい本。それは,装丁も,中の文章も。幸田さんの動物に対する温かな眼差しがつたわって来ました。そして,お父さんの温かさも。そんなお父さんだったから,幸田さんも動物大好きになったんですね。

2011/01/03

Sakie

中年~晩年頃のエッセイを娘の玉氏が編集した、シリーズの1冊。孫の奈緒氏が後書きを書いており、文さんに似て端正な文体だ。幸田家は露伴が犬をよく飼っていたようで、文さんも犬の扱いは慣れていた。家の雌犬が放し飼いや野良の牡犬と「結婚」しないよう奮闘する様子など、犬の飼い方が変わりつつある時代の様子がわかる。猫の方は得手でないようで苦笑した。動物園好きが意外だった。裏門から出入りするほどお好きで、詳細な観察描写からは樹木を描いたのと同じ熱量を感じた。『めぐしはむごしで、むごしはめぐし』。動物は愛情と酷さを教える。

2018/10/06

mattya

ウェットでない、ドライな愛情、たかがペット でも大切な私ののペット そういうのいいね、悪くないね~

2014/04/01

ゆきしば

昔は犬も猫もこんな飼い方だったよね、と懐かしさを覚える反面、日本はまだまだ動物愛護に課題があるけどペットのあり方が今日まで良くなって来て良かったと思う。

2013/08/31

感想・レビューをもっと見る