読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

(P[こ]3-12)一鬼夜行 つくも神会議 (ポプラ文庫ピュアフル)

(P[こ]3-12)一鬼夜行 つくも神会議 (ポプラ文庫ピュアフル)

(P[こ]3-12)一鬼夜行 つくも神会議 (ポプラ文庫ピュアフル)

作家
小松エメル
出版社
ポプラ社
発売日
2019-03-01
ISBN
9784591162446
amazonで購入する

(P[こ]3-12)一鬼夜行 つくも神会議 (ポプラ文庫ピュアフル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

calina

スピンオフ的な短編集。 喜蔵や小春はあまり登場せず、つくも神たちの語りで 物語が進んでいく。 はこにわのお話は、たぶん、アンソロジーで読んでいる けど、他は初読み。 表題作のつくも神たちのけんかが、神と名がついても 子供っぽくい(笑) 不幸な出自のお姫様。あのラストは救いだと思いたい。 こういうのも好きだけど、次は物語が進んでほしい。

2019/03/18

gmax

番外編。前差櫛姫の話は業が深い……

2019/03/09

感想・レビューをもっと見る