読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

豚吉とヒョロ子

豚吉とヒョロ子

豚吉とヒョロ子

作家
夢野久作
出版社
ゴマブックス
発売日
2016-07-20
ISBN
9784777168835
amazonで購入する

豚吉とヒョロ子 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コブサラダ

夢野久作という人がまだ掴めない。とりあえず本作は非常にポップで軽快なコメディ。言葉遣いは確かに夢野久作だが、ドグラ・マグラを書くような人がこんなのも書くんだから面白い。豚吉とヒョコ子という名前や設定だけでも楽しいが、それ以上に医者の無茶先生がなんでもアリで物語をガンガン回してくれる。理論を超越したコメディ作品は、ともすればその筋道のなさから、読んでいる意味がわからなくなり、ページを捲る手が止まることも個人的にはあるのだが、本作はキャラの魅力が上回った。軽い文体を作る、カタカナや三点リーダーの使い方が素敵。

2021/02/18

としか

童話風の世界観にたびたび挟まれる、豚吉とヒョロ子への遠慮のない言動に、なんだか胸を刺されるようでした。 どこかおとぎ話のようでありながら、不思議な現実味を帯びていて、とにかくページをめくる指を止めることができませんでした。

2016/08/12

感想・レビューをもっと見る