読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

それでも町は廻っている 9 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 9 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 9 (ヤングキングコミックス)

作家
石黒正数
出版社
少年画報社
発売日
2011-08-31
ISBN
9784785936907
amazonで購入する Kindle版を購入する

それでも町は廻っている 9 (ヤングキングコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

歩鳥の時系列が迷子になることが多いけど気にしない。少しSFな話があったり、ちょっとしたホラーの話があったり、すれ違いの話があったりと様々。大人買い計画のべちこ焼きは面白かった。タイムトラベラーが大好きなお菓子を未来に残すため、庶民にばら撒く。結果、庶民のお菓子として残っているなんて素敵じゃないですか。他に嘘つきりっちゃんの亡霊は、歩鳥とリッちゃんが嘘をつきすぎた結果、感動的なエンディングと新しい謎が残り、面白かった。ジョセフィーヌも可愛かったりするので、楽しめました。

2017/10/27

exsoy

既読・再読。あれ、前登録してなかったのか。女の子の世界では日々激しいバトルが繰り返されているんですね…

2016/06/04

ソラ

紺先輩の話が良かった。歩鳥と出会うことで紺先輩の固くなっていた心が解きほぐされていくところが良かった。

2014/11/27

SAITO

最初に読んだ時はキャラの可愛さと語りの滑稽さに笑えるが、二回目、三回目と読んでいくとキャラの機微が分かる仕掛けがあるし、仕掛けがあるおかげでそのキャラへ自然と感情移入を果たして視点を移動させてしまうために違った見方が出来るようになる。全体→キャラ→風景といった視点の移行が私には訪れた。今回は思惑のすれ違いで遊ばされる話を集めていて、そのどれもが少しだけ昔を振り返るようで、実はがっつり振り返させられていたりする奇妙さがある。まあ、表紙絵の背景に過去からずっといる深海魚(海月も含めて)がいるから仕方ない。

2011/09/01

眠る山猫屋

べちこ焼き食べたいじゃないか!静ねえさんの探究が、まさかの展開に・・・。こんなストーリーもあるから、この作品は止められない。ジョゼフィーヌや、嘘つきりっちゃんの話も良かったなぁ。

2014/12/07

感想・レビューをもっと見る