読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

『このミステリーがすごい!』大賞作家 書き下ろしBOOK vol.7

『このミステリーがすごい!』大賞作家 書き下ろしBOOK vol.7

『このミステリーがすごい!』大賞作家 書き下ろしBOOK vol.7

作家
伽古屋 圭市
佐藤青南
上甲宣之
中山七里
七尾与史
出版社
宝島社
発売日
2014-11-10
ISBN
9784800233912
amazonで購入する

『このミステリーがすごい!』大賞作家 書き下ろしBOOK vol.7 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

itoko♪

このミス作家さん5人の書き下ろし作品が読める本。お目当ては、『さよならドビュッシー』の岬先生の学生時代のストーリー。岬先生…ピアノの演奏以外のことには無頓着で、かなり空気が読めない性格のようで。『行動心理捜査官 楯岡絵麻』も面白かった!未読なので読んでみたい。

2015/04/23

深青

伽古屋さんのお話が気になって。今回は「なないろ金平糖」のみ読了

2016/06/06

かず1号

読み切り短編集と思ったら連続ものもあるので、読み切り分だけ読了。連載ものは単行本になるまで待ちます。

2015/02/08

あきちゃん

中山氏めあてだったけど、それぞれ楽しめました。続き物は前後が気になる・・。 岬先生の話もまだ事件の気配もないけど、“初めての事件”らしいので気長に進展をまちましょう(^_^;)。

2015/05/16

じゅんじゅん

「JC科学捜査官」恨みによる殺人で突発的なのにも関わらず、用意周到な計画殺人しかもワイヤーで首をしめて殺すなんて、女子高生がいくらなんでも無理があるでしょう。

2014/12/13

感想・レビューをもっと見る