読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

松岡なつき

職業・肩書き
作家
ふりがな
まつおか・なつき

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

2月2日生まれ、O型のBL作家。ハヤカワ書房の小説誌「HI!」に「富樫ゆいか」のペンネームで『セイレンの末裔』が掲載され、デビュー。本作は1992年に早川書房より単行本化される。松岡なつきの名義での第1号作品は、1992年10月の『深紅の誓い』。BLジャンルの中でも、中世ヨーロッパやアラブなど海外の地を舞台として設定し、ヒストリカル・ロマンスやSFのエッセンスを取り入れたユニークな作風に評判がある。

『FLESH & BLOOD(フレッシュ・アンド・ブラッド)』は、主人公の男子高校生海斗が大航海時代のまっただ中である16世紀にタイムトリップ。世界の大海原を舞台に、歴史上の実在人物との絡みもある壮大なBLラブ・ロマンスだ。2001年に第1巻が徳間書店より発売開始となり、2015年までに24巻まで刊行されるというロングセラーの人気ぶりを誇る。本シリーズはファンの間ではファンタジー系BL作品の金字塔とも称されており、書籍のみならずドラマCDも発売されている。2007年に出版された『赤と黒』では20世紀の初め、地中海近郊の小国を舞台に繰り広げられるヒストリカル・ロマンスで、10代の若者からミドルエイジの男女まで、幅広い支持を集めている。

他の著作として『エリスの微笑』、『センターコート(1)~(3)』、『流沙の記憶』、『華やかな迷宮(1)~(5)』、『H・K(ホンコン)ドラグネット(1)~(4)』『銀の眠り、金の目醒め』など多数ある。2016年秋、乳癌が見つかり闘病療養に入ることを自身のTwitterで発表した。

「松岡なつき」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

特集番外編1 2009年2月号

特集番外編1 2009年2月号

あなたの好きな名作文学もBLに満ちているんです   編集 H   今回の特集の目玉は、BLで人気の作家陣によるあの名作のBLサイドストーリー書き下ろし企画です。渡海奈穂さん/作、藤たまきさん/挿絵による太宰治「ダス・ゲマイネ」、沢木まひろさん/作、ヨネダコウさん/挿絵による森鴎外「舞姫」、宮本佳野さん/マンガによる梶井基次郎「桜の樹の下には」、西田東さん/マンガによるドストエフスキー「悪霊」というように、4本の名作文学のサイドストーリーを6名の豪華作家陣が、本特集のためだけに特別に書き下ろしてくださいました! これは必見です!!   その他にも、作家の松岡なつきさんと三浦しをんさんによる「BL脳で読む名作文学案内」対談、小島アジコさんによるマンガ、堀越英美さんによる「文豪が書いたBL小説」ガイド、好きな文豪&名作別BLブックガイドなど、名作文学好きの方も、BL作品好きの方も、どちらも楽しめる内容になっております。   『走れメロス』『銀河鉄道の夜』のように、学校教材になっているような名作文学と、男性同士の恋愛関係を描いたボーイズラブ作品。一見、…

全文を読む

「松岡なつき」のおすすめ記事をもっと見る

「松岡なつき」の本・小説

キャラ文庫アンソロジーII 翡翠 (キャラ文庫アンソロジー 2)

キャラ文庫アンソロジーII 翡翠 (キャラ文庫アンソロジー 2)

作家
英田サキ
犬飼のの
杉原理生
凪良ゆう
松岡なつき
出版社
徳間書店
発売日
2018-01-26
ISBN
9784198645458
作品情報を見る
FLESH & BLOOD(24) (キャラ文庫)

FLESH & BLOOD(24) (キャラ文庫)

作家
松岡なつき
出版社
徳間書店
発売日
2015-06-27
ISBN
9784199007996
作品情報を見る

「松岡なつき」人気の作品ランキングをもっと見る