読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

池澤春菜

職業・肩書き
作家、タレント・その他
ふりがな
いけざわ・はるな

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

エッセイスト

「池澤春菜」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

SFとは「ステキなフィクション」! 人気声優・池澤春菜がいざなうSFの楽しみ方

SFとは「ステキなフィクション」! 人気声優・池澤春菜がいざなうSFの楽しみ方

『SFのSは、ステキのS』(池澤春菜/早川書房) SFといえば映画やアニメ、マンガでも定番の人気ジャンルである。しかしAmazonの2016年上半期売上トップ20を見ても、SF小説はランクインしていない。もしかしてSFは、こちらが思っているほど人気がないのか? そう思う一方で、読者がSF小説に対して難しそうだというイメージを持っている可能性も考えられる。もし仮にそれが正しく、読者諸氏の中でSFに苦手意識を持つかたがいるのなら、是非ともこの『SFのSは、ステキのS』(池澤春菜/早川書房)を手に取ってほしい。

本書は『S-Fマガジン』(早川書房)で連載中のエッセイをまとめた一冊である。作者の池澤春菜氏といえば、人気声優として既に20年のキャリアを持ち、歌手としても活躍。更に小学生時代より培った驚異的な読書量を誇ることでも知られる。実は父が作家の池澤夏樹氏であり、春菜氏は幼い頃よりその書棚にある幾多の本たちに馴染んでいたのだ。当時から活字中毒だったと語るその読書愛から、近年はエッセイスト、書評家としても活躍している。

そんな彼女が愛し続けているのがSF作品…

全文を読む

泣ける物語、壮大な世界観、迫真のバトル。大ヒットゲーム『消滅都市』の秘密を探る

泣ける物語、壮大な世界観、迫真のバトル。大ヒットゲーム『消滅都市』の秘密を探る

 またたくまに350万ダウンロードを達成したスマホゲーム『消滅都市』。14︎年5月にリリース以来、、順当にユーザー数を伸ばし、この度の「ニコニコ超会議2015」にも出展する(4月25・26日/幕張メッセ)。快進撃を続ける秘密に迫るべく、制作したWright Flyer Studiosに直撃してみた。

▲スマホゲーム『消滅都市』大人もハマる奥深さ

お答えいただいたのは、ゲームの制作者代表して、プロデューサーの澤智明氏とディレクターの下田翔大氏。まずゲーム誕生の経緯とは?

「いろいろなスマホゲームが増えているなか、お客様に新しい体験を楽しんでいただきたいと思ったのです。そのひとつがドラマ性、思わず引き込まれる物語を盛り込むこと。そして、アクションという、ダイレクトに快感が得られる仕様となりました」(澤氏)

そう、このゲームでまず驚くのは、横スクロール型のアクションゲーム。いわば、『スーパーマリオブラザーズ』のように、ジャンプやダッシュを駆使できるところが斬新だ。タップやスワイプという単純操作で、キャラを自在に動かすプレイは、爽快。

そしてもうひとつは、重厚な…

全文を読む

池澤春菜が東京創元社を訪問! eBookJapanで東京創元社フェア開催中

池澤春菜が東京創元社を訪問! eBookJapanで東京創元社フェア開催中

(C)東京創元社/加藤木麻莉

 

eBookJapanでは、東京創元社の創立60周年を記念して、「愛されすぎる東京創元社フェア」を開催している。

東京創元社はSF、ミステリー、ファンタジーといったジャンル小説の老舗として知られ、『江戸川乱歩全集』や『薔薇の名前』(ウンベルト・エーコ)など、国内外の名作を数多く出版してきた。同フェアでは、配信中の東京創元社作品全374作品を40%オフの特別価格で販売する。(2014年9月11日まで)

40%オフとなる作品の中には、2014年本屋大賞翻訳小説部門第1位に輝いた『HHhH――プラハ、1942年』(著:ローラン・ビネ 訳:高橋啓)や、直木賞候補作となった『盤上の夜』(宮内悠介)をはじめ『皆勤の徒』(酉島伝法)『ハリー・クバート事件』(著:ジョエル・ディケール 訳:橘明美)など、今注目の作品から、『孤島の鬼』など江戸川乱歩の諸作や『ラヴクラフト全集』(著:H・P・ラヴクラフト 訳:宇野利泰、大瀧啓裕、大西尹明)などの名作がラインナップされている。

同フェアでは割引販売のほかにも、複数の企画が公開され…

全文を読む

あの人気声優の読書エッセイ集が発売! 池澤春菜『乙女の読書道』

あの人気声優の読書エッセイ集が発売! 池澤春菜『乙女の読書道』

『乙女の読書道』(池澤春菜/本の雑誌社)

アニメ『ケロロ軍曹』の西澤桃華役などで知られる声優・池澤春菜が初の書評集を刊行した。タイトルはずばり『乙女の読書道』(本の雑誌社)。

「えっ、あの声優さんが書評集?」と思われた方もいるかもしれない。そう、池澤は年間300冊から500冊の本を読み漁る、プロの書評家も裸足で逃げ出すくらいの読書家なのだ。彼女の好むジャンルは海外SF、ファンタジーで、現在日本SF作家クラブ会員でもある。そもそも父は芥川賞作家の池澤夏樹、祖父も作家の福永武彦と、池澤は文筆家の家系に生まれ育った人物。これだけ堂の入った読書家が誕生するのも納得だ。

今回の『乙女の読書道』(本の雑誌社)は雑誌『本の雑誌』(本の雑誌社)に2009年より連載されたコラムをまとめたものである。紹介されている本は全部で60冊。重厚長大な未来叙事詩『ハイペリオン』(ダン・シモンズ:著、酒井昭伸:訳/早川書房)を筆頭に、R・A・ハインラインやサミュエル・R・ディレイニーといった海外SFの大御所から、人気海外SFドラマ『スター・トレック』のカーク船長役を務めた俳優、ウィリ…

全文を読む

『ヴァルハラナイツ3』発売記念 はしもとよしふみ × 作家・福井晴敏 スペシャル対談

『ヴァルハラナイツ3』発売記念 はしもとよしふみ × 作家・福井晴敏 スペシャル対談

 2006年に登場して以来、やりこみ系のアクションRPGとしてゲームファンに愛されてきた『ヴァルハラナイツ』シリーズ。その最新作『3』が5月23日に発売となる。今作では、コアユーザーを30歳前後と捉え、大人の鑑賞に堪える重層的なストーリーや世界観を時間をかけて練り上げたという。そこで、『ヴァルハラナイツ3』における“物語”や“キャラクター”、本作のテーマでもある“悪”についてなど、作家・福井晴敏氏をむかえ、プロデューサー・はしもとよしふみ氏と対談してもらった。

写真/川口宗道

福井晴敏 ふくい・はるとし●1968年東京都墨田区生まれ。1998年『Twelve Y. O.』で第44回江戸川乱歩賞を受賞して作家デビュー。『亡国のイージス』で第2回大藪春彦賞、第18回日本冒険小説協会大賞、第53回日本推理作家協会賞を受賞。『終戦のローレライ』で第24回吉川英治文学新人賞、第21回日本冒険小説協会大賞を受賞。脚本を手がけたアニメーション映画『キャプテンハーロック』、映画『人類資金』(阪本順治監督と共同脚本)が今秋公開。原作小説も今秋発売予定。

はしもと よし…

全文を読む

声優・池澤春菜もハマった“執事モノ”「ジーヴス・シリーズ」、5月15日にドラマDVDがいよいよ日本上陸!

声優・池澤春菜もハマった“執事モノ”「ジーヴス・シリーズ」、5月15日にドラマDVDがいよいよ日本上陸!

「ジーヴス」の絶対に誰も不幸にならない、底抜けに明るいストーリーって ちょっと疲れたときにどうしても読みたくなるんです

 ドラマ化された『謎解きはディナーのあとで』をはじめ、今や日本で定番の人気ジャンルとなった“執事モノ”だが、イギリスに、執事の世界的な代名詞と呼ばれる男がいるのをご存じだろうか?   その名もジーヴス。イギリスの大ユーモア作家、P・G・ウッドハウスが生み出した最強の天才執事である。 彼の主人はお気楽で典型的にダメなボンボン、バーティー・ウースター。二人の織りなす抱腹絶倒のコメディ小説「ジーヴス・シリーズ」は、イギリスでは名探偵ホームズ&ワトソン博士と並び称されるほどの人気だ。そして今、イギリスで放送された実写ドラマ版がついに日本に上陸する。  そこで今回、原作小説のファンだという声優・池澤春菜さんにその魅力をうかがった。

池澤 春菜 いけざわ・はるな●1975年12月15日生まれ。声優、女優、エッセイスト。ギリシャ・アテネ生まれ、神奈川県川崎市育ち。小説・詩作家、翻訳家の池澤夏樹は父。福永武彦は祖父。キャリアカウンセラー、ギリシャ…

全文を読む

「池澤春菜」のおすすめ記事をもっと見る

「池澤春菜」の本・小説

本のある生活 BIBLIOPHILIC BOOK 本と道具の本

本のある生活 BIBLIOPHILIC BOOK 本と道具の本

作家
阿久津隆
生きのびるブックス
池澤春菜
今泉泰輔
内沼晋太郎
大八木孝成
Okadada
押野素子
小谷実由
小田原 のどか
小田雄太
川原瑞丸
クラフト・エヴィング商會
後藤護
須藤謙一
髙城晶平
多屋 澄礼
どむか
ナインストーリーズ
永田希
野中モモ
花田菜々子
林央子
パンス
古川耕
牧奈央子
松永良平
水上文
牟田 都子
持田保
安田謙一
安村 正也
山崎まどか
山下 陽光
山本多津也
若林恵
Riverside Reading Club
BIBLIOPHILIC
相田智之
リアン・シャプトン
作原文子
中村秀一
Leanne Shapton
出版社
DU BOOKS
発売日
2022-02-18
ISBN
9784866471570
作品情報を見る
火守

火守

作家
劉慈欣
池澤春菜
西村ツチカ
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-12-20
ISBN
9784041114889
作品情報を見る
はじめましての中国茶

はじめましての中国茶

作家
池澤春菜
出版社
本の雑誌社
発売日
2017-10-19
ISBN
9784860114053
作品情報を見る
子供の詩の庭

子供の詩の庭

作家
R・L・スティーヴンソン
池澤夏樹
池澤春菜
出版社
毎日新聞出版
発売日
2021-12-25
ISBN
9784620327204
作品情報を見る

「池澤春菜」人気の作品ランキングをもっと見る

「池澤春菜」の関連画像・写真

「池澤春菜」の関連画像・写真をもっと見る