読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「鳥飼茜」の関連記事

鳥飼茜 12/23(日)にヴィレヴァン下北沢店で初サイン会開催。新作で描いた女性だけの世界のサバイバルとは?

鳥飼茜 12/23(日)にヴィレヴァン下北沢店で初サイン会開催。新作で描いた女性だけの世界のサバイバルとは?

 マンガ家・鳥飼茜さんの初サイン会が、12/23(日)14時から、ヴィレヴァン下北沢店にて開催。これまでトークイベント後のサイン会は何回も経験しているものの、シンプルなサイン会は初めてだという。ここでは、女性だけの世界を舞台に生殖の神秘に迫った話題作『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』(対象書籍)のインタビューを掲載。  サイン会の参加に必要な整理券は、店頭、電話にて、『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』上下巻か、『ロマンス暴風域』2巻のいずれかの単行本を購入、予約…

もっと見る

鳥飼茜の意欲作2タイトルが発売! 12/23(日)にヴィレヴァン下北沢店でサイン会開催

鳥飼茜の意欲作2タイトルが発売! 12/23(日)にヴィレヴァン下北沢店でサイン会開催

 マンガ家・鳥飼茜さんの新刊、『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』上下巻が11月30日(日)に、『ロマンス暴風域』2巻が12月19日(水)に発売される。それを記念して、12月23日(日)に東京・ヴィレッジヴァンガード下北沢店で鳥飼さんのサイン会が開催される。  参加に必要な整理券は、11月30日より店頭、電話にていずれかの単行本を購入、予約した人に配布されている。(→サイン会の詳細はこちら)  近未来ディストピア設定の世界観に生きる女性たちを描く『マ…

もっと見る

『週刊SPA!』で連載中! 風俗嬢との激しい恋モノ『ロマンス暴風域』とまんしゅうきつこの『湯遊白書』が面白い!

『週刊SPA!』で連載中! 風俗嬢との激しい恋モノ『ロマンス暴風域』とまんしゅうきつこの『湯遊白書』が面白い!

『週刊SPA!』(扶桑社)  皆さん、『週刊SPA!』(扶桑社)読んでますか? 毎号、40代オトコがモテる方法やら、低年収の生き残る道やら、キャッチーな特集をたくさん掲載している男性向け週刊誌です。男性向けであるがため、女性が手に取る機会は少ないかもしれません。が、それは実にもったいない。実は今、『週刊SPA!』で連載中の漫画が、かなり面白いと評判なんです!  『週刊SPA!』の漫画といえば、『アラサーちゃん』(峰なゆか)が有名…

もっと見る

あなたのお悩みが『地獄のガールフレンド』に登場!? 鳥飼茜のお悩み相談室?

あなたのお悩みが『地獄のガールフレンド』に登場!? 鳥飼茜のお悩み相談室?

『地獄のガールフレンド』で定評があった、モヤモヤする感情を言葉で表現し、デトックスを助けてくれる…という鳥飼さんの魅力をクローズアップした企画です。  鳥飼さんが読者の皆様の「お悩み」にお答えいたします。女ともだちとの人間関係、職場でのモヤり、恋のあれこれなどなど「鳥飼茜なら答えをくれるんじゃないか」と思うことをお送りいただけましたら、ご応募いただいたお悩みに文章で真摯にお答えいたします。  さらに、その中の数問につきまして…

もっと見る

ダ・ヴィンチ本誌で、鳥飼茜のマンガ連載『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』スタート! ■記念対談(後編) 岸田繁(くるり)×鳥飼茜

ダ・ヴィンチ本誌で、鳥飼茜のマンガ連載『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』スタート! ■記念対談(後編) 岸田繁(くるり)×鳥飼茜

ダ・ヴィンチ7月号からスタートした、鳥飼茜さんの新連載『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』。この作品が、昨年リリースされた、くるりの『琥珀色の街、上海蟹の朝』に強くインスパイアされたということで企画された本対談。後編は、岸田さんのエッセイ集『石、転がっといたらええやん。』の話題から始まった。本作は『ROCKIN’ON JAPAN』で2006年から続く11年以上も続く連載の書籍化。京都のこと、旅のこと、電車のこと、酒のこと、そして、音楽のことなど、内容も語り口もさまざ…

もっと見る

ダ・ヴィンチ本誌で、鳥飼茜のマンガ連載『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』スタート! ■記念対談(前編)岸田繁(くるり)×鳥飼茜

ダ・ヴィンチ本誌で、鳥飼茜のマンガ連載『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』スタート! ■記念対談(前編)岸田繁(くるり)×鳥飼茜

ダ・ヴィンチ7月号(6/6売)から、鳥飼茜さんのマンガ連載『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』がスタートする。新連載の舞台は、日常には男がおらず、女ばかりが暮らしている架空の世界のスラム。 以前から、くるりの大ファンだった鳥飼茜さんだが、本作は、昨年リリースされた『琥珀色の街、上海蟹の朝』に強くインスパイアされたという。折しも、岸田繁さんも11年にもわたる連載エッセイ『石、転がっといたらええやん。』が書籍化されたばかり。ここに、くるりのフロントマン・岸田さんと…

もっと見る

自分にも落ち度があった性被害者は、幸せになってはいけないの――? 『先生の白い噓』

自分にも落ち度があった性被害者は、幸せになってはいけないの――? 『先生の白い噓』

『先生の白い噓』(鳥飼茜/講談社)  読むと苦しくなってしまうのに、どうしても目をそらせないマンガがある。『先生の白い噓』(鳥飼茜/講談社)だ。大学時代、男性経験もないのに、親友の彼氏に襲われてしまって以来、秘密の関係を強要されている25歳の高校教師・美鈴。優しい人だと思っていたバイト先の店長の妻に、ラブホテルに連れ込まれ逆レイプを受けて以来、女性の身体が怖くてたまらない男子高生・新妻。二人を中心に性と暴力、そして愛のなんたるかを抉り出す作品だ。…

もっと見る