読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

白川紺子

白川紺子
職業・肩書き
作家
ふりがな
しらかわ・こうこ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-20

三重県生まれ。2013年、ロマン大賞受賞作『嘘つきなレディ 〜五月祭の求婚〜』(受賞時から改稿・改題)でデビュー。著作に『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』シリーズなど。

受賞歴

最終更新 : 2019-11-20

2012年
『嘘つきなレディ 〜五月祭の求婚〜』(受賞時から改稿・改題)ロマン大賞

「白川紺子」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

アンティーク着物と古典をめぐるライトミステリー 『下鴨アンティーク』著者・白川紺子さんインタビュー

アンティーク着物と古典をめぐるライトミステリー 『下鴨アンティーク』著者・白川紺子さんインタビュー

   

『下鴨アンティーク アリスと紫式部』(白川紺子/集英社)

 今年1月に集英社から創刊されたライト文芸レーベル「集英社オレンジ文庫」。その第1回ラインナップに登場した『下鴨アンティーク』は、アンティーク着物をめぐるファンタジックなミステリーだ。  著者の白川紺子さんに本作の着想や魅力的なキャラクターたちがどのように生まれたのか、その背景を聞いた。

着物と京都に対する愛着が生んだ物語

舞台は京都の下鴨。高校生ながらにアンティーク着物を愛する鹿乃は、ぐうたらながらもヤリ手の古美術商の兄・良鷹、近所の大学で准教授をしている下宿人の慧と3人で暮らしている。ある日、彼女は亡き祖母から「開けてはいけない」と言われていた土蔵を開けてしまう。すると、蔵の中に保管されていた着物の柄が変わったり、声を出して泣き出したり、奇妙なことが次々と起きて――。『下鴨アンティーク』は、そんな不思議な謎を『不思議の国のアリス』や『源氏物語』などの古典をヒントに解き明かしていくという、ちょっと変わったミステリー作品。このユニークな物語が生まれたきっかけはどんなことだったのだろう。

全文を読む

「白川紺子」のおすすめ記事をもっと見る

「白川紺子」の本・小説

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

作家
白川紺子
香魚子
出版社
集英社
発売日
2018-04-20
ISBN
9784086801881
作品情報を見る
後宮の烏 3 (集英社オレンジ文庫)

後宮の烏 3 (集英社オレンジ文庫)

作家
白川紺子
香魚子
出版社
集英社
発売日
2019-08-21
ISBN
9784086802673
作品情報を見る
後宮の烏 4 (集英社オレンジ文庫)

後宮の烏 4 (集英社オレンジ文庫)

作家
白川紺子
香魚子
出版社
集英社
発売日
2020-04-17
ISBN
9784086803144
作品情報を見る
九重家献立暦 (講談社タイガ)

九重家献立暦 (講談社タイガ)

作家
白川紺子
出版社
講談社
発売日
2020-10-15
ISBN
9784065212332
作品情報を見る

「白川紺子」人気の作品ランキングをもっと見る

「白川紺子」の関連画像・写真

「白川紺子」の関連画像・写真をもっと見る