読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

作家
白川紺子
香魚子
出版社
集英社
発売日
2018-04-20
ISBN
9784086801881
amazonで購入する Kindle版を購入する

「後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)」のおすすめレビュー

シリーズ累計30万部突破! 意外な人の過去も明かされ、ますます謎と波乱がひしめく『後宮の烏』第3巻

『後宮の烏(集英社オレンジ文庫)』(白川紺子/集英社)

 どんなに愛情を注がれても、胸の奥底に欠けている部分が埋まることはないだろう――そんな諦念を抱いて孤独に生きてきた少女・寿雪の“烏妃”としての運命を描いた小説『後宮の烏(集英社オレンジ文庫)』(白川紺子/集英社)。謎が謎を呼ぶ中華風世界を背景に語られる幻想譚はまたたくまに人気となり、シリーズ累計30万部を突破した同作、最新3巻でも思いもよらぬ真実と裏切りが展開していく。

 烏妃とは、後宮で生きながら決して夜伽をすることはなく、皇帝でさえかしずかせることのできない存在。しかも寿雪は、抹殺を命じられている一族の出。母を殺され、絶望にくれていたところを次の烏妃と見いだされ、王宮に連れてこられた。先代の烏妃・麗娘は愛情をもって寿雪を育ててくれたけれど、侍女さえおいてはならぬ、孤独に生きねばならぬと厳しく言いつけ、この世を去った。だが、現皇帝・高峻との出会いをきっかけに、物語は動き出してゆく。

 高峻もまた、母と友を殺された憎しみを抱いて生きてきた、孤独な男だ。決して近づいてはならぬと言われていた烏妃と皇…

2019/8/31

全文を読む

発売後ぞくぞく重版で累計17万部突破!『下鴨アンティーク』の著者、新シリーズは禁断の妃をめぐる中華風ファンタジー

※「ライトに文芸はじめませんか? 2019年 レビューキャンペーン」対象作品

『後宮の烏』(白川紺子/集英社)

 決して近づいてはならない2人が惹かれあう禁断の関係に目がなくて、なおかつ幻想的な小説がお好みの読者にイチオシの小説がある。『後宮の烏』(集英社)だ。著者の白川紺子氏といえば、京都が舞台のファンタスティック・ミステリー『下鴨アンティーク』や、仲良し偽装夫婦のふんわりご近所事件を描いた『契約結婚はじめました。』が人気だが、今作は中華風の世界に敷かれた大いなる神話を基に展開していく。

 後宮で生きながら決して夜伽をすることはなく、皇帝でさえかしずかせることのできない存在。それが烏妃(うひ)――16歳の美しき少女・寿雪(じゅせつ)だ。彼女の役目は、失せもの探しから呪殺、招魂までありとあらゆる依頼に応えること。先代の烏妃から継承した不思議な術を使って、後宮に存在するあまたの幽鬼(死者)にまつわる謎を解決していくのだが、第1巻で登場する最初の依頼者が高峻(こうしゅん)。若き皇帝だった。

 寿雪はすすんで烏妃となったわけではない。出自ゆえに命を狙われ、母を…

2019/2/3

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)」の関連記事

読書メーター×ダ・ヴィンチ「ライトに文芸はじめませんか? 2019年 レビューキャンペーン」開催!

 株式会社トリスタ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋場一郎)が運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)は、2月4日(月)より「ライトに文芸はじめませんか? 2019 レビューキャンペーン」を共催で実施する。

「ライトに文芸はじめませんか? 2019レビューキャンペーン」では、対象作品を読んで読書メーターに感想を投稿してくれた方の中から抽選で80名様に図書カードネットギフト2,000円分が当たる。

 また、レビューキャンペーンの先行企画として、1月28日(月)よりフェア対象作品8作品セットが抽選で10名に当たるプレゼント企画を読書メーターで行う。

 レビューキャンペーン開催に伴い、日本出版販売株式会社の協力のもと、2月4日(月)から3月中旬まで全国約300店舗(日販取引書店)で、「ライトに文芸はじめませんか? 2019 フェア」が展開される。

【対象作品】 『幻影の手術室 天久鷹央の事件カルテ』(知念実希人/新潮社) 『昨日の僕が僕を殺す』(太田紫織/KADOKAWA) 『もう一度、…

2019/1/28

全文を読む

関連記事をもっと見る

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鉄之助

出だし8行で、物語全体をイメージさせる。表紙と共に「ツカミ」はOK! だった。歩いている人をムンズとつかみ商品を買わせる、香具師の啖呵売のようだった。中国王朝モノの雰囲気が十分伝わる好著。

2019/02/21

美紀ちゃん

夏の王と冬の王。まずはお友達からよろしくお願いいたしますって感じで、続きが楽しみに!

2020/10/02

はな

読もう読もうと思っていて、やっと読めました。 代々、後宮にいながら夜伽をしない妃「鳥妃」をつとめる女性達。彼女達は自分の持つ不思議な力で、訪れる人たちの願いを、彼らへの代償と引き換えに叶えていた。皇帝がある依頼をもって現鳥妃の元を訪れるところから始まる。この皇帝が、頭はいいのに真面目で不器用なのが見てて微笑ましい。鳥妃はすごいツンツンしてるな、と思ったらこちらも不器用なだけでした(笑)ずっと一人でいたから、周りとの関わりが増えることでその人たちとの関係に戸惑う鳥妃が可愛い。文も繊細でとても読みやすかった!

2019/10/05

『よ♪』

後宮の奥深く、妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。この冒頭の件から魅了され一気読み。あっ!めっちゃ表紙買いです!この絵ステキ♪不思議な力を持つ巫婆(みこ)「烏妃」。その姿は老婆だとも少女だとも。呪殺、祈祷、探し物、代償を払えば何でも引き受けると云う──。この世界観の下、繰り広げられるダークファンタジー。…ではなく、あまり暗くはありません。食べ物についつい釣られて依頼を引き受ける烏妃が可愛らしく可笑しい。少し切なくて、でも優しくて、ちょっと温かくて。そんな感じの四篇。

2019/02/24

enana

後宮の奥深くに、妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、うら若い少女だったと言う者もいた。 彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物探しまで、頼めばなんでも引き受けてくれるという――。

2018/05/02

感想・レビューをもっと見る