読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

杉野遥亮

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
すぎの・ようすけ

ジャンル

「杉野遥亮」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

杉野遥亮「初の舞台に挑む自分のなかからは葛藤や揺れも生じてくる。そんな内面を同じ空間で共有しつつ、心の奥底を揺り動かす“家族”の姿を目撃してほしい」

杉野遥亮「初の舞台に挑む自分のなかからは葛藤や揺れも生じてくる。そんな内面を同じ空間で共有しつつ、心の奥底を揺り動かす“家族”の姿を目撃してほしい」

 毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。

 20世紀アメリカ演劇を代表する劇作家ユージン・オニールによる自伝的傑作の舞台『夜への長い旅路』に出演する杉野遥亮さん。毎月3人の旬なゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、雑誌『ダ・ヴィンチ』の巻頭人気連載「あの人と本の話」に登場してくれました。初の舞台作品となる本作への思い、そして昨年の自粛期間中、ひたすら読み続けていたという、少年マンガの金字塔に寄せる想いを伺いました。

「これまで『ONE PIECE』読んできたことがなかったんです。けれど昨年のコロナ禍による自粛期間中、ぽっかり時間が空き、『鬼滅の刃』全巻一気読了の勢いで、“そうだ、この機会に『ONE PIECE』を読んでみよう!”と。そうしたら止まらなくなっちゃって、朝から晩までひたすら読み続けていました。1週間くらいで90巻越えを制覇し、『週刊少年ジャンプ』の連載に追いつきました。連載中のワノ国編、大好きです!気づけば今、一番、好きな作品です。カイドウとビッグマムが戦…

全文を読む

「顔面偏差値が高すぎ」と歓喜の声続出!杉野遥亮&福原遥で異色ラブコメ『穴殺人』実写映画化

「顔面偏差値が高すぎ」と歓喜の声続出!杉野遥亮&福原遥で異色ラブコメ『穴殺人』実写映画化

 人気マンガ『穴殺人』の実写映画化が決定し、2019年11月29日(金)に公開されることがわかった。特報もお披露目されており、「まさかの実写映画化キター!」「残酷描写とかどう描かれるのか楽しみ」とファンの期待が高まっているようだ。  裸村原作の『穴殺人』は、自殺志願者の黒須越郎&殺人鬼の美少女・宮市莉央が織りなすスプラッター・ラブコメディ漫画。映画化では「羊とオオカミの恋と殺人」のタイトルとなり、「クソすばらしいこの世界」「女の子よ死体と踊れ」を手がけた新鋭・朝倉加葉子が監督を務める。  黒須を演じるのはドラマ・映画・CMで活躍中の俳優・杉野遥亮。また莉央役には、ドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」への出演が記憶に新しい女優・福原遥をキャスティング。今回は杉野・福原のW主演で、映画初主演を飾る杉野は「普遍的な異世界です。全ての人でなくても誰かの心に刺さる作品になっていたら嬉しいです」とコメントした。  公開された特報は30秒と短いものだが、黒須が室内で首吊り自殺を図る衝撃的な場面からスタート。そんな黒須が壁に開いた穴を覗きこんでみると…

全文を読む

杉野遥亮「現代の社会に通じるモノもあります」 山本周五郎の小説『さぶ』が杉野遥亮&森永悠希でドラマ化決定!

杉野遥亮「現代の社会に通じるモノもあります」 山本周五郎の小説『さぶ』が杉野遥亮&森永悠希でドラマ化決定!

『さぶ』(山本周五郎/新潮社)

 昭和の文豪・山本周五郎の小説『さぶ』が、杉野遥亮と森永悠希の出演でドラマ化されることが明らかに。「今でも大切に読んでる作品だから嬉しい」「2人の共演でどんな物語が生まれるんだろう」と注目を集めている。

 同作は、山本が昭和38年に発表した作品。お人好しなさぶと真面目な栄二、2人の青年が社会に翻弄されながら人生を生き抜く物語だ。さぶと栄二が出会ったのは、お互いが15歳の時。奉公先を飛び出したさぶに、栄二が過去の過ちを告白するところから2人の友情が始まる。

 2人が20歳になったころ、栄二が盗みの濡れ衣を着せられ「人足寄場」と呼ばれる罪人の収容施設へ。理不尽な仕打ちと過酷な労働で心を閉ざした栄二は、面会に来たさぶのことも拒絶してしまった。しかしさぶはめげることなく栄二の元に通い続け、奉公先をクビになってもやめようとしない。そんなある日、人足寄場に嵐が襲い掛かる――。

 原作は山本の作品の中でも人気の高いロングセラーで、読者からは「心理描写が巧みで引き込まれた」「栄二を見捨てないさぶの優しさに涙が止まらない」「自分を見つめ…

全文を読む

杉野遥亮&横浜流星が胸キュン“壁ドン”連発! 映画「L・DK」特報にファン悶絶…

杉野遥亮&横浜流星が胸キュン“壁ドン”連発! 映画「L・DK」特報にファン悶絶…

 2019年3月21日(木・祝)に公開される映画「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」(※・はハートマーク)の特報映像が解禁。これでもかと連発される“壁ドン”シーンに、「さすが本家本元!www」「やっぱL・DKの壁ドンは迫力が違いますね」と歓喜の声が上がっている。

 原作は『別冊フレンド』で連載されていた『L・DK』。普通の女子高生・西森葵は、学校一のイケメン・久我山柊聖と付き合いながら同居している秘密を抱えていた。ラブラブだった同居生活もつかの間、柊聖のイケメンいとこ・久我山玲苑にあっさりとバレてしまう。不釣り合いな関係をよく思わない玲苑は、2人と同居しながら別れさせることに。“イケメン彼氏”と“イケメン毒舌男子”との三角関係は、しだいに周りの人も巻き込んでいき―。

 今回解禁となった特報は33秒と短いながら、『L・DK』の代名詞である壁ドンシーンを詰め合わせたような映像に。序盤こそ葵(上白石萌音)と柊聖(杉野遥亮)のラブラブ同居生活が紹介されたものの、葵の前に壁がめり込むほどの壁ドンとともに玲苑(横浜流星)が現れる。その後は葵をめぐる三…

全文を読む

上白石萌音が壁ドン・キスシーンに初挑戦! 杉野遥亮、横浜流星に奪い合われる!?『L・DK』新作映画決定!

上白石萌音が壁ドン・キスシーンに初挑戦! 杉野遥亮、横浜流星に奪い合われる!?『L・DK』新作映画決定!

(C)「2019 L・DK」製作委員会

 ときめきラブストーリー「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」(※・はハートマーク)が、2019年3月21日(木)から放映決定。この情報にファンは、「観たら倒れるかも…」「尊すぎて映画館で大声上げそう!」と歓喜に沸いている。

 原作は『別冊フレンド』で連載されていた『L・DK』。普通の女子高生・西森葵は、学校一のイケメン・久我山柊聖と付き合いながら同居している秘密を抱えていた。ラブラブだった同居生活もつかの間、柊聖のイケメンいとこ・久我山玲苑にあっさりとバレてしまう。不釣り合いな関係をよく思わない玲苑は、2人と同居しながら別れさせることに。“イケメン彼氏”と“イケメン毒舌男子”との三角関係は、しだいに周りの人も巻き込んでいき―。

 女性から絶大なる人気を誇っている同作は、2014年に実写映画化。劇中に登場する“壁ドン”が流行語大賞トップ10に選ばれ、社会現象を巻き起こした。また“あごクイ”などのあざとすぎる胸キュン行為が女性読者の心を掴み、単行本の売り上げは1000万部を突破した。

 今回葵役を演じる…

全文を読む

「セクシーすぎるでしょ…」吉沢亮、新木優子、杉野遥亮出演「あのコの、トリコ。」予告にファン歓喜

「セクシーすぎるでしょ…」吉沢亮、新木優子、杉野遥亮出演「あのコの、トリコ。」予告にファン歓喜

 2018年10月5日(金)公開の映画「あのコの、トリコ。」の予告映像が解禁。Nissyが主題歌を担当することも明かされ、「楽しみすぎて何回も観てる」「今からドキドキしすぎて倒れそう」と反響が巻き起こっている。

 白石ユキの同名マンガをもとにした同作は、芸能界を目指す高校生の三角関係を描いた作品。田舎で暮らしていた地味でさえない高校生・鈴木頼は、東京の芸能コースがある高校に転入する。そこで幼いころ好きだった立花雫と出会い、真っすぐに女優を目指す姿に改めて恋心を抱くように。そんなある日、共演するはずだった雫の幼馴染である東條昴がアクシデントで帰ってしまい雫ともども降板されそうになってしまった。しかし頼が昴の代役を務め、雫は普段とは違う頼の姿に思わずときめいてしまい――。

 頼を演じたのは若手人気俳優・吉沢亮。雫役には新木優子が抜擢され、杉野遥亮が昴役を務めている。予告映像にはランジェリーを着た雫の姿や、昴が雫を強く抱きしめるシーン、メガネを外した頼などが映し出されており「エロすぎて鼻血が噴き出るかと思った」「3人ともセクシーすぎるでしょ…」「予告観たら…

全文を読む

「この写真集は、1週間おきに見てほしい」 杉野遥亮、ファースト写真集『あくび』刊行インタビュー【後編】

「この写真集は、1週間おきに見てほしい」 杉野遥亮、ファースト写真集『あくび』刊行インタビュー【後編】

 “そのニュアンス、いったいどこから出てくるの?”。ツイッターのフォロワー数21万人超えの杉野遥亮のつぶやき。写真集の中にも織り込まれた、彼から生まれてくる、ちょっと“普通じゃない”言葉。それを形づくってきたものとは――。

すぎの・ようすけ●1995年、千葉県生まれ。第12回FINEBOYS専属モデルオーディションでグランプリを獲得。映画『キセキ―あの日のソビト―』のソウ役で俳優デビュー。その後、ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』『嘘の戦争』『花にけだもの』、映画『兄に愛されすぎて困ってます』『覆面系ノイズ』などに出演。18年は、主演ドラマ『福岡恋愛白書13 キミの世界の向こう側』、映画『あのコの、トリコ。』『きらきら眼鏡』『春待つ僕ら』の公開が控える。

 杉野遥亮のツイッターは、先日、フォロワーが21万人を超えた。何気ないつぶやきのなかに独特の空気を孕んだ日々の言葉たちは、心地よくて、ついつい眺めてしまう。

「言葉選びのセンスがおもしろいって、フォロワーの方がよく言ってくださるんですが、僕としては、特に意識しているわけではなくて、率…

全文を読む

なぜ“あくび”? 今、ツイッターで大人気の杉野遥亮が選んだ、不思議タイトルの意味とは? ファースト写真集『あくび』刊行インタビュー【前編】

なぜ“あくび”? 今、ツイッターで大人気の杉野遥亮が選んだ、不思議タイトルの意味とは? ファースト写真集『あくび』刊行インタビュー【前編】

 映画『キセキ―あの日のソビト―』『覆面系ノイズ』、ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』などに出演、瞬く間に人気俳優となった杉野遥亮。そんな彼のファースト写真集が刊行される(3月30日発売)。ツイッターフォロワー数21万人を突破した彼の魅力は、そこで彼がつぶやく言葉のような、つかみどころのない心地よさ。写真集にも反映されていったその感覚とは?

すぎの・ようすけ●1995年、千葉県生まれ。第12回FINEBOYS専属モデルオーディションでグランプリを獲得。映画『キセキ―あの日のソビト―』のソウ役で俳優デビュー。その後、ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』『嘘の戦争』『花にけだもの』、映画『兄に愛されすぎて困ってます』『覆面系ノイズ』などに出演。18年は、主演ドラマ『福岡恋愛白書13 キミの世界の向こう側』、映画『あのコの、トリコ。』『きらきら眼鏡』『春待つ僕ら』の公開が控える。

 なんとも、のどかなタイトルである。ぽかぽか陽気に誘われ、ふわっと手に取ってしまいそうな。若手俳優の写真集のなかに並んでいると、ちょっと異質で、不思議な…

全文を読む

「杉野遥亮」のおすすめ記事をもっと見る

「杉野遥亮」の本・小説

  • ランキング

スギノート

スギノート

作家
杉野遥亮
出版社
学研プラス
発売日
2019-12-19
ISBN
9784054067585
作品情報を見る

「杉野遥亮」人気の作品ランキングをもっと見る

「杉野遥亮」の関連画像・写真

「杉野遥亮」の関連画像・写真をもっと見る