<ふたを開けた瞬間、思わず「ニャー」> ノラネコぐんだんが、ついにレシピになって登場!【作ってみた】

食・料理

2018/10/4

 なんとも言えないブサかわな表情とシュールな笑いが、子どもから大人まで大人気の“ノラネコぐんだん”。今では絵本以外にもたくさんのグッズが販売されていますが、ついにノラネコぐんだんを料理でも楽しめるレシピ本『ノラネコぐんだん はらぺこレシピ 抜き型つき』(白泉社)が発売になりました。

『ノラネコぐんだん はらぺこレシピ 抜き型つき』(工藤ノリコ:原作・監修、福田淳子:レシピ制作/白泉社)

 レシピ本には、ノラネコの抜き型やスタンプもついていて、これを使えば簡単にあのノラネコをかたどったおかずやおやつを作ることができます。そこで、この抜き型を使って、ボリューム満点のお弁当を実際に作ってみました!

■ふたを開けたらそこには“はんせいノラネコ”が!「まんぷくべんとう」(P.13)

 砂糖を加えた溶き卵を、中火で熱したフライパンに流し入れて菜箸で混ぜ、そぼろ状の炒り卵を作ります。弁当箱にごはんをきっちりと詰めたら、抜き型を置き、型の端まで炒り卵を詰め、上から軽く押さえます。

 そしてまわりに鶏そぼろをのせたら、抜き型をはずし、「マヨネーズ」で口、「のり」で目、口もと、ひげを作ります。最後に、「きゅうり」をおさかな型で抜き、飾れば完成です!

 “はんせいしている姿”の抜き型を使って、鶏そぼろ弁当を作ってみました。ふたを開けた瞬間にこの子と目が合い、思わず「はんせいしているんですか!」と言いたくなるほど、なかなか高い再現度で完成しました。型さえあれば、あとは具材をのせるだけなので失敗知らずでとっても簡単。もちろん味もおいしく、甘辛い鶏そぼろでごはんが進みます。ノラネコぐんだんの大ファンである6歳の息子は、ふたを開けて「わー、ノラネコぐんだん!!」と大興奮し、食べるのがかわいそうと言いつつも、パクパクと完食していました。

 ほかに、いくつも作って並べたいクッキーや、絹ごし豆腐を型で抜いた「ノラやっこ」などもあり、いろいろな食材でノラネコぐんだんを味わえるようになっています。

■一緒になって「ニャーニャー」したくなる、楽しいレシピ

 なんともゆるい感じがたまらなく好きで、新刊が出るたびに親子で読んでいた『ノラネコぐんだん』が、まさか料理の世界でも楽しめるようになるとは思ってもいませんでした。実際作ってみると愛着が出てきてしまって、出来上がってからもしばらく眺めていたら、どこからか「ニャーニャー」という声が!ぜひぐんだんの一員になった気分で、味わってみてください。

文=JUNKO

新刊『ノラネコぐんだん おばけのやま』レビューはこちら
祝! ノラネコぐんだん100万部突破! ありがとうキャンペーン詳細はこちら